うわさの【真相】時事ネタ速報

芸能2chまとめサイト -Current affairs of rumor-

Uncategorized

NMB48・山本彩初エッセイ集『すべての理由』発売決定!「全部さらけ出します」そしてあの曲が映画化!


山本彩

ニックネーム : さやか
生年月日 : 1993年7月14日
血液型 : B型
出身地 : 大阪府
身長 : 155 cm
好きな食べ物 : 野菜全般
趣味 : 歴史探索、音楽・映画鑑賞、学ぶこと、知ること
特技 : 熱中すること
将来の夢 : 歌い続けること

2016年の紅白歌合戦の視聴者投票で1位になるなど人気も抜群!

山本彩が初めて自分の言葉で綴る、「私、山本彩」のこと。

23歳。アイドル、アーティスト、そして一人の女性として自分と戦い続ける、「さや姉」。「全部さらけ出します」という言葉通り、家族、音楽との出会い、NMB48の仲間たち、ソロ活動、選挙、センター、リーダー、そして卒業についてなど、知られざる本音を告白。

「自分に自信はないんだけれど、自分にめっちゃ期待はしてる」と語る山本彩の今、その全て一挙7万字!また、可愛らしさと妖艶さという山本彩の相反する魅力を切り取った撮り下ろしグラビアやリハーサル中のオフショットなども満載の初エッセイ集です。

注目の中身は

第0章 山本彩という人

大切にしている言葉があります。克己心(こっきしん)。弱い己に、打ち克つ心。

(~中略~)
 NMB48での活動が始まってすぐに、克己心という言葉の意味を実感することになりました。毎日が、自分との戦いだったんです。勝たなければいけない、負けられない最大のライバルは、自分自身でした。

(~中略~)
 自分のことを分かってほしいと思う反面、全部は知られたくない。
 自分に自信はないんだけれど、自分にめっちゃ期待はしてる。
 今の自分の環境が安定してくると、「ここにいていいのかな?」って不安になる。

……暗いですよね。めんどくさい人。たぶん山本彩がこんな人間だとは、あんまり思われていない。もしかしたら、「なんだこの人?」って思われてしまうかもしれないです。でも、自分の弱い部分と向き合うことはきっと、自分を変える大きな一歩になる。勇気を出して、全部さらけ出してみました。

そしてエッセイ集発売発表の前にもう1つ大きなニュースが!

NMB48山本彩が歌う「ひといきつきながら」超短編映画化

NMB48・山本彩が歌う“ひといきつきながら”が起用されているJTのCM「ひといきつきながら それぞれの道篇 短編映画ver.」が公開された。

同CMは日本テレビ系『another sky-アナザースカイ-』(毎週金曜 後11:00)限定で2013年から放送。

「ひといきつきながら」はCMのためのオリジナル曲で、2014年からは山本が歌唱し、ソロアルバム『Rainbow』(昨年10月発売)にも収録された。

短編映画仕立ての『ひといきつきながら それぞれの道篇 短編映画ver.』の監督は、映画『天然コケッコー』(2007年)、『味園ユニバース』(15年)などで知られる山下敦弘氏が務めた。

今回、同曲の世界観を短編映画仕立て(8分40秒)で映像化。田舎の小学校を舞台に、上京した美香(韓英恵)と地元で小学校の先生を務める亜希(多賀麻美)の絆を瑞々しく描き、山本が歌う「ひといきつきながら」がラストを盛り上げる。

山下監督はインタビューに対し、以下の回答を寄せている。

「短編の動画制作に関して」

いつもは映画など、長尺の作品がメインなのでこのような動画は初めての試みでした。約8分という長さは、1シュチエーション・1エピソードで伝えたいことを込められる丁度よい長さであり、元々映画を作る中でもそのような見せ方をしていたので非常にやりやすかったです。

自分が好きで出演して頂いている俳優さんをじっくり見せる事ができる長さだと感じています。今回の作品で言えば、多賀さんと韓さんが持つそれぞれの“らしさ”をありのままに描くことができ、 そこがこの短編映画ver.のポイントにもなっています。

「注目のシーンに関して」

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized