うわさの【真相】時事ネタ速報

芸能2chまとめサイト -Current affairs of rumor-

Uncategorized

【閲覧注意】死ぬほど洒落にならない本当にあった怖い話『手を触れるモノ』


手を触れるモノ

消防の頃まで毎年12月31日は
親戚中の男親と子供たちが集まり
ちょっとした遠出をしていた。

今思えば大掃除の邪魔になるからと
追い出されていたんだと思う。

年に一度の集まりで
うちの親戚の男親は異常に子供に甘い。

従って毎年楽しみにしていた。

あれはいつだったろうか、
今となっては思い出せないが
都内の○川大師(うろ覚え)に行った時のこと。

そこは建物に地下があり
真っ暗闇の中手探りでワッカを捜し出し
それを握ってお願い事をするという少し変わった所だった。

地方にもっと有名な場所があるが
それをこじんまりした感じ。

7人くらいその時いただろうか。

何度かきたことがあるところなので
対して不安はなかったが
子供も小さいということで
一人の親が先頭に立ち手をつないで入るということになった。

列の先頭は従兄弟のおじさん。

おじさんがまず手探りでワッカを捜し出し
しばらくしてから次の人へ手渡す。

それを人数分繰り返す。

そして私の番。

前の人から手渡されたワッカを握りしめ
願い事を心の中で唱え終わろうとしたその時。

暗やみの中冷たい手が
すっと私の手に触れた。

私が最後尾だった。

他の参拝者がきたのだろうと
私はワッカから手を離す。

みんな終わったか?
とおじさんの声がしたので返事をした。

そしてまた明るいところまで
ぞろぞろと手探りで歩きだす。

ここは地下の前半半分は
真っ暗闇で後半は蝋燭やらで少し明るい。

そこまでたどり着くと
みんな手を離し後はゾロゾロと歩いていた。

ふと疑問に思った。

私の次にワッカに触った人がこない。

声もしない。

何分団体行動だったので
歩みは遅かったはずだ。

不思議に思いながらも外に出る。

トイレやら次の行き先やらで
しばらくその場にいたが誰も出てこない。

ふと父にさっきの出来事を話す。

父が受付に足を運んだ。

私たちの後には誰もいなかった。

数年後。

オカルトな体験がしたいと友人たちが言いだしたので
その場所を訪れた。

が、厨房のみでは入れないとのこと。

わざわざ他県からきたと駄々をこねると
案内人がついてくれ中に入れてもらえた。

中には入る。

丁寧に説明をしてくれ恐縮した。

そして中程を過ぎたあたり。

蝋燭がともる通路で案内人が口を開いた。

「ここは水子を供養しています」

「水子?」

「亡くなった赤ちゃんのことですね」

………

あの時の事が鮮明に思い出された。

その時はじめてそのことに恐怖を感じた。

強くなりたいか

自分が中2くらいの時の話

日曜で学校も無くて何しようかと思いながら、
自分の部屋で一人でいたら
右耳のすぐ後ろ、
スロー再生した時の声みたいな凄く低い声で

強くなりたいか?

って聞かれた・・・

びっくりして答えられないで
何だ何だ?ってなってたら
ふっと周りを包んでたモアっとした圧迫感がすっと消えた

いつから包まれてたかが記憶に無いけど
モアっとした感じがあったことに気付いた

その後に何かとんでもなく惜しいものを逃した気がして
心の中でハイと何回も返事したけど返答は無し

今でもあの声に答えられなかったことが、
凄く残念なことだった気がしてならない

4階の物音

俺が小学校高学年ぐらいのときに体験した話。

当時俺が通っていた小学校は4階建ての校舎で
校舎の作りは1階~3階までは教室で4階には教室はなく、
理科室や音楽室などの授業、クラブ活動以外では
あまり使われない部屋が集まっていた。

俺は高学年だったので自分の教室は3階でした。

全ての授業が終わりクラスの皆が帰ったあと、
自分だけは居残りで勉強等をやっていたときの事。
(当時は俺は成績が悪かった為、
よく居残りで勉強等をさせられていた。)

初めは自分がいる教室の上、
4階の部屋から「ガガガガッ」と
なにか椅子を引きずるような物音が聞こえてきました。

そのときは

「まだ誰か4階にいるのかな?」

程度にしか思ってなく
特に気にも留めてなかったが、
その日以降クラスの皆が帰ったあとになると
4階の部屋から「ガガガガッ」と
なにかを引きずる物音が続き、
日が経つにつれて音はどんどん大きくなる。

4階の部屋は通常は理科や音楽等の授業以外では
クラブ活動ぐらいにしか使われず、
そのクラブ活動も週に1回しかやらないのだが、
物音は毎日続いている。

さすがに気味が悪くなり、
一緒に居残りをしたクラスのA、Bに

俺「今、上の階から変な物音聞こえない?
なんか気味悪いね。」

A「?何も聞こえないけど??」

俺「え?今も「ガガガガッ」ってなっているよ?」

A「は?」

B「何も聞こえないよ。からかってんの?」

どうやら他の人には聞こえないらしい。

物音は次第に大きくなっていき、
騒音と呼べるくらいの物音になっていった。

「ガガガガッ」
「ダンダンッ」
「タタタタッ(誰かが走っているような足音)」
「ギーギーギー(机みたいな大きなものを引きずる音)」

あと、これらの物音のほかに混じって
小さいが話し声も聞こえてきた
(話声と判るがなにを言ってるか聞き取れない)。

A、Bに放課後残ってもらっても、
「何も聞こえない」との反応。

ついには放課後だけでなく
授業中にも聞こえてくる、そして皆には聞こえない。

聞こえるのは自分だけ。

幻聴?

それとも何か変なものにとり憑かれた?

なんで自分だけ…?

毎日聞こえる不可解な物音に
なぜクラスの皆は誰一人疑問を持たない?

いや…皆には聞こえないんか…。

なんで何時も誰もいない4階から
物音、話し声が聞こえてくるのか?

椅子、机がひとりでに動いているのか…?

そこで俺はなにを血迷ったのか、
選択してはいけない行動をとってしまった…。

放課後、今も聞こえる物音を確認すべく
今日4階に行き確認することを決意した。

その日は普段より皆帰るのが早かったせいか、
校舎全体が静まり返っていた。

誰もいないような感覚がした。

そのときは少し恐怖を感じていたが、
なぜかこの日でないといけないと思っていた。

時刻は15:00ぐらい、
日も沈みかけ空はあかね色に染まっていた。

俺は何かに引き寄せられるかのように
4階へ上がる階段のところへ向かっていた。

階段に向かうにつれ物音、
話声は少しづつ大きくなっていく。

もちろんこの日はクラブ活動とかはなく
4階の各部屋には鍵が掛かっており、
特に用事がない限り中には入れないようになっている、
というかそもそも4階は幽霊が出ると全生徒で噂になっており、
普段は誰も近寄らないのだ。

たしかに4階の空気は異質で、
例えていうなら空気が凍っているような
寒気がするそんな場所だ。

4階へ上がる階段に着いた。

この時点で既に周りの空気は凍り付いていた。

このときの恐怖感が今でも鮮明に覚えている。

恐怖感と緊張で手足が震え、
冷汗をかき、意識は混乱していたが
「確認する」という意志だけははっきりしていた。

恐る恐る階段を1段づつ上っていく、
1段上る度に物音、話声も大きくなる。

あまりの恐怖で
すぐにこの場を離れたかったが
足は勝手に動いていく。

階段の中間あたりまで来た。

全ての感覚が恐怖感で麻痺したかのように
手足が重くなっていた。

物音、話声も今までになく大きく、
それは直ぐ上の4階から聞こえていた。

階段を上りきり4階の廊下に着いた直後だった。

あれだけうるさかった物音、話声が突然やんで、
辺りは完全な無音に包まれた。

それと同時に
辺りの空気がなにか別のものに変わっていた。

極度に冷たい空気、重圧感、極限の恐怖感、
四方からくる無数の視線。

そのとき非常に後悔した。

なぜ自分は
こんな時間にこんな場所に来てしまったのかを。

足はまったく動かない。

自分の足がその空間に植えつけられたかのようだ。

俺「…………」

声も出ない。

いや例え出せたとしても出す勇気なんてない。

後ろから特に強い視線を感じる(3階の方から)、
絶対に振り向いてはいけない。

振り向いたら最後。

しかし体は後ろを振り向こうとする。

自分の意識に反して。

目もつぶれない、
後ろには見てはいけないものがある、
意識は極限状態。

この状態を上手く言葉に出来ない。

出来るとしたら

「ここにいてはいけない」
「後ろのものは見てはいけない」
「逃げろ」。

遂に後ろを振り返ってしまった。

俺(何も無い…、誰もいない…)

このとき少し安心したのか恐怖心が少し和らいで、
足も動くようになっていた。

和らいだとはいえあまりこの場所にいたくなかったので、
4階のほうを振り返らずにその場を離れた。

離れようとした。

右腕が後ろに引っ張られる。

反射的に後ろを振り向いた。

自分と同い年くらいの子が自分の右腕を掴んでいた。

その子の周りには無数の子供がいた。

さっきまでは誰もいなかったのに。

なぜか顔が黒くなっていて顔が見えない。

俺「ッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

俺は声にならない絶叫を上げ、
階段を駆け下り、全速力で校庭まで逃げていった。

腕を掴まれた感触がまだ残っている。

この世のものとは思えないもので掴まれた感覚が残っていた。

それ以降、なぜか4階からの物音、話し声が聞こえなくなっていた。

聞こえなくなったせいか、
以前より4階に対する恐怖心というのが
なぜか少し薄れたような気がした。

うちの校舎の4階は幽霊が出ると学校内で噂されていたが、
ただの噂で、実際にあったという話も花子さん程度のもので、
誰かが面白半分に噂していただけの有名な話に
毛をつけたようなものばかりだ。

ちなみに後で調べたのだが
この小学校では特に生徒が自殺したとか、
校舎を建てる前は墓地だったとかそうゆう話は無いそうだ。

しかし、自分が体験したあれは
いったいなんだったのだろうか。

4階への恐怖心は薄れ、
音も聞こえなくなったが、
4階の空気の冷たさは変わらなかった。

開く障子

中坊時代に体験した洒落にならん話。

1泊2日の研修旅行というのがあって、
クラスで班分けがあった。

そこで友人のAが

「本格的にローソク使って百物語をしない?」

と持ちかけてきたので
班の子全員

「それ、面白そうだね!w」

とノリノリで承諾。

宿泊先がどんな所なのか
知ってたら絶対実行しなかったのに・・・・。

宿泊先は山の中腹にある宿泊施設。

バブル時代に発砲スチロールで出来たデカイ仏像を
あちこちに置いて非常にデンパな所でした。

一通りのレクが終わり、
就寝前の自由時間。

隣の班の子達も急遽参加で百物語は始まり
部屋の電気を消して

「いざっ!ローソクを・・・」

ってなったのだけれど

「お菓子くれ~」

という乱入が結構あったため
ローソクを使っての怪談を断念することに。
(当時はまだ教師が厳しくて
体罰当たり前だったしね・・・・)

代わりに部屋に設置されている懐中電灯
(スイッチ式ではなく付属の差込で消灯するやつ)で
行う事に。

1人1人話たら懐中電灯を消して次の人に廻す。

怪談の内容はそれこそ
どっかで聞いた事があるような他愛の無い話。

いよいよ最後の子が話し終わるかなって時に
黄色っぽい光の懐中電灯が
弱いオレンジ色の明かりになった。

「いやぁぁぁぁ!!!!」

軽く皆パニック。

すかさず誰かが部屋の灯りをつけて

「まぁ、これだけ人が居たから
電池が弱って当たり前なんだろうけど
ちょっと怖かったねw」

と、その場をフォローしてくれて
プチドッキリだったよね、で終了。

寝る準備をしつつも
やはりおしゃべり大好きな年頃なので
なかなか会話は終わらない。

気付くと外は雨が降っていた。

「寒いから障子窓閉めて」

誰かが言った。

部屋の窓は少し出窓っぽいヤツで
内側の障子がカーテン代わりの感じ。

ぴしゃん、とAが閉めて
また他愛の無い話を
巡回してる先生に見つからないように楽しむ。

「あれ?また障子が開いてない???」

また誰かが言った。

え?さっき閉めたよね?

見ると確かに10cm位開いている。

イヤな感じもしたけれど
その想像は怖いのは皆一緒だったので

「やだなー、誰?ふざけないでよ!w」

とカラ元気を出してAがまた障子を閉める。

でも、誰も障子に近づいてなんていないんだよね。

寝転がってるから、
起き上がれば気付くはずだし・・・・。

障子に注目する。

でも障子は開く気配が無い。

十代の集中力は

怖い<好きな異性

なワケで、話に花が咲く。

「また開いてる!!!」

もうこれは絶対、
私たち以外の何かの仕業!!!
こんな部屋居られない!

皆半泣き状態で
廊下で見張ってる先生に嘆願するけど

「そんなワケないでしょう!寝なさいっっ!!」

お化けも怖いけど怒る引率はもっと怖い。

泣く泣く部屋に戻って窓からなるべく離れて
皆身を寄せ合って半分覚醒の半分睡眠状態。

障子は見てると開かないっぽいから交代で眠った。

朝になって夜半からの雨も小降りになり
「部屋が明るい」
それだけで嬉しかった。

明るくなったらお化けはでないから。

そう勝手に決めていた。

「・・・障子開けようか」

Aが言う。

「ヤだよ、言いだしっぺのAが開けてよ」

もう明るいんだから大丈夫だよと思い
私が引き受ける。

「じゃ、あけるよ!」

開けなきゃ良かった・・・・。

出窓のガラスには温度差で曇りができてて
異質な形の右手部分だけがのたうった跡が付いていたorz

人の手って指紋があって関節もあるので
窓に押し付けるとつく部分と付かない部分がある。

でも、窓についてる右手の跡は関節が無い。

指紋も無い。

そして細長い。

押し付けてそのまま横に手首を回転させながらスライドしたその跡は
ガラス窓と障子の隙間(約20cm)に居た事になる。

ゴール地点でどん底に落とされた気分のまま、
もそもそと美味しくない朝食を摂り
帰りのバスに乗り込む頃には他の班の子達と違って皆無口だった。

「みなさん、楽しい思い出作れましたかぁ?」

バスガイドさんの質問とその後の話に
トドメを刺される。

「皆さんが宿泊した●山は海を隔てた恐山と
直線で結ぶことができるため
霊山として参る人が結構いるんですよ~~」

霊場だって知ってたら
こんなバカな事しなかったよ・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized