うわさの【真相】時事ネタ速報

芸能2chまとめサイト -Current affairs of rumor-

Uncategorized

5年でPV出演3分・・・歌手たちが語ったグループ格差に驚きを隠せない!


▼現在も人気を集めるジャニーズグループである『V6』

1995年『バレーボールワールドカップ』のイメージキャラクターとして結成される

年長組3人を「20th Century(トニセン)」、年少組3人を「Coming Century(カミセン)」として、それぞれの活動も行っている。

なんとデビュー当時、グループ内格差があった事を告白

カミセンの「Coming Century」というユニット名はV6のデビューと同時に命名されたが、トニセンの3人に「20th Century」というユニット名が付いたのは5、6年後。

トニセンという名前が付くまでは「V6のアダルトチーム」と呼ばれていたという。

さらにこんな格差も・・・

ジャケットでは、トニセンの写真はカミセンよりかなり目立たず、その違いに思わず固まってしまった、と井ノ原。

今度は自分たちの曲にも関わらず、前で大きく写る「カミセン」の後ろに「トニセン」が小さく写ったジャケットに。

そのようなジャケ写“格差”がほぼ解消されたのは、3rdシングル「BEAT YOUR HEART」(1996年)だったという。

少し前のTOKIOの番組でV6の岡田君がカミセンとトニセンの格差について少し話しをしていたけど、トニセン担だった私的にはコンサートの会場がカミセンはアリーナでトニセンは厚生年金会館とかアリーナより小さめの会場だったのが人気の差がわかりやすくて当時凹んだのを思い出した。

トキカケ観た〜
確かに最初はV6ってトニセンカミセンの格差あるなーと思ってたw
でもシングルのジャケットはカミセンが目立ってたけど、歌声はトニセンの歌声がズバ抜けてたからそれでバランス保ってるんだなって思ってたなぁ

▼時代を一世風靡したモーニング娘。にも格差は存在したらしい

1998年のメジャーデビュー以降、常にメンバーの増減を繰り返し現在に至る。

過去には『NHK紅白歌合戦』に10年連続出場するなど、グループ発足から現在に至るまで20年近くに渡り安定した人気を保ち続けている。

そんな全盛期のメンバー保田圭が激白!

ようやく保田にもソロ写真集の話がきた。ところが「私だけ会社の近所の商店街(港区・麻布十番)で撮影。しかも一冊だけ」と寂しげに語った。

出典“ブサ顔”保田圭 モー娘内の格差告白「5年間の出番わずか3分45秒」

保田は、「誰にもグチれず、毎日家で孤独に泣きじゃくった」と、当時を振り返った。

卒業までの5年間で様々な楽曲にも参加したが・・・

「プロモーションビデオなんか、5年間で17曲リリースしたんですけど、5年間の(出演シーン)全部をぎゅ〜っとしたら3分45秒しか映っていなかったんです」。

出典“ブサ顔”保田圭 モー娘内の格差告白「5年間の出番わずか3分45秒」

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized