うわさの【真相】時事ネタ速報

芸能2chまとめサイト -Current affairs of rumor-

Uncategorized

【閲覧注意】死ぬほど洒落にならない本当にあった怖い話『お隣さん』


お隣さん

上京してはじめて借りた部屋が最悪だった。

友達から父親の知り合いだって言う不動産屋に紹介されたんだけど、
築十年位経ってるけど部屋はきれいで広いし、
なんか壁とかも新しくしたみたいですぐ気に入った。

それに広さの割には家賃が安い。

おまけに隣が

角部屋|借りた部屋|お隣さん|

みたいな配置でなんか気楽。

しかも大家のおじさんがめちゃくちゃいい人。

引越し蕎麦とか、
本当は俺が差し出す側なのにご馳走になってしまった。

それで2週間くらい住んでたんだけど、
隣の角部屋ちっちゃい子が住んでるのか、
俺が仕事から帰ってきたら窓ガラス?を割っちゃったみたいで、
窓があったとこに青いビニールが張られてた。

でもうるさくする事もないし、
というかお隣さんとは会った事もなかったので
特に気にとめずにいた。

時々ビニールを内側からツンツンしたり、
何故か玄関ポストのとこにも貼ってあった粘着テープを
内側から指で突き破ってるとことかは見たけど、
実際どんな子なのかは知らなかった。

まぁやってた仕事がファミレスの深夜の厨房だったので、
基本ご近所さんと会う事はなかったんだけど。
そんである日、となりの角部屋に宅配便が届いたんだけど
その日はお隣さんが留守だったみたいだから、
たまたま休みの日で昼間に起きていた俺が預かる事になった。

そんでお隣さんが帰ってくるまで
仮眠をとろうと思って少し寝てたんだけど、
うっかり寝すぎて夜の8時になってしまった。

これ以上遅くなるとご迷惑かな?とも思ったので
俺はお隣さん家に小包持ってピンポン押した。

反応がない。

ドアノブを回してみるとあっさり開いた。

のでごめんくださーいと言ってちょっと開けて見ると、
部屋の中はすっからかんだった。

何もないすっからかん。

人が住んでるようには見えない。

おかしいな?と思ったので大家さんに電話をしてみると
その部屋は俺が越してくる前から空き家だったらしい。

でも隣の部屋の中には確かに人が居るのを見たし(指だけだったけど)
現に荷物も届いてる。

宛名は男の名前だった。

俺はちょっと怖くなって
不動産屋に直接話を聞きに言ったら

「その部屋、昔変死体があってから人住んでないんです」

だって。

そんな事は部屋に入る前に言ってくれよ!
と俺が泣いたら

「直接その部屋に住んでるわけではないので
通告義務はないんです」

と。

結局1週間くらい住んで引っ越しました。

夜に窓から隣の部屋覗くと
窓に張られたビニールが指の形に盛上がるのが怖かったんで。

因みに届いた小包、
不動産屋から帰って来た日に無断で開けちゃったんですけど
焼いた土?みたいなのがいっぱいに入ってました。

ブラウン管の彼女

○○温泉で働いていたとき、幽霊みた。

っつーか何回かある。

一番怖かったのは宴会場掃除の時、
テレビ拭いていたらついてないのに自分じゃない女の人映ってて
(しかも髪は貞子みたいで服は青)

全く信じてなかったから見ても訳わかんなくて
ブラウン管に雑巾持った手でパンチしたら、
そいつの顔がアップになって目が見開いて口は歯剥き出してるし、
ビビったけど、普通より神経図太いんで
テレビの電源入れたまま放置。

で後輩に後でテレビ消してもらった。

仕事終わって寮に帰ってから夜寝るとき、
寮のテレビ消したら同じ人が覗いてて、
目があった瞬間またアップ。

で、窓に張り付くみたいに
ブラウン管に手と顔を押し付ける感じで凝視されて
かなりパニック状態。

したらまた歯剥き出しで今度は笑って手招きされて、
恥ずかしながら、気を失いました。

次の日速攻今月で辞めさせてくれ、
っていって仕事辞めた。

未だに消えてるブラウン管怖くてみれまへん。

試しに自宅で消えたブラウン管見たけど、
映っててないから大丈夫だとは思うけど。

もうあの温泉地には一生行かない。

マジなんでどこかは書きたくないです。勘弁。

やばい

仕事で水道の修理に行った家での話

同僚と二人で行ったんですが、
その同僚は結構霊感が強く見えたりもするんですね
(俺は雰囲気の変化を感じる程度)

で、目的の家に着いた途端に
同僚が

「ここヤベェで」

って言うんです

で、呼鈴鳴らしたらお婆さんが出て来て

「どうぞ」

って玄関に入ったら
ヤバイの意味が分かったの

雛人形が大量にいたんです

下駄箱から廊下までもうビッシリと

その雛人形見た瞬間同僚が

「オェ━!」

てゲロ吐いて車に駆け込んだの

俺もうポカーンてしてたら
お婆さんがケタケタ笑ってるんですよ

一旦車に戻って同僚に訳を聞こうとしたら

「早よ乗れや!」

って言って猛スピードで逃げたんです

同僚は

「中入ったらヤバイ…ヤバイ…」

しか言わない

会社に着くなり、早退してからは
ずっと無断欠勤してた会社には
雛人形の家の事は報告してないし、
先方からも連絡はない

で、今日同僚はクビになった

めり込んでる人

高校2年の10月頃、
夕方に友達の家から帰る途中だったんだ

もう、その時はあたりが薄暗くて
足下が見えないくらいだった。

通り慣れた道を自転車で走ってると、
大きな声で呼び止められた。

「おい、ちょっと動けなくなってしまったから助けてくれ」

薄暗い中、目をこらして声のする方を見たら、
30くらいの兄ちゃんが塀に寄りかかった状態で
こっちを見ていた。

その時、違和感を感じたんだよな。

胴体から頭にかけて壁にめり込んでいるというか…。

でも、その格好がアホみたいだったので笑いながら

(どうしたんですか)

って聞くと、
どうやら何かに挟まって身動きがとれないらしい。

「すまん、ちょっと俺の手を引っぱってくれんか。
そしたら抜けるかも」

(どうして、こんな事に?ww)

「事故かな…。そこに俺のバイクあるでしょ。」

男の目線の先見たら原付が転がっていた。

(大変でしたね。
怪我があるんだったら救急車呼びますけど)

俺がそう言いながら、
その人の腕を強く引っぱったら、
メリメリって音立てて壁から離れた。

んで、

「ありがとう」

とか言ってくれるのかと思ったら、
そのまま倒れた。

よーく、その人の体見たら、
顔の半分潰れてるし
胴体の半分も異様な形に凹んでた。

しかも潰れてない方の目開いて死んでる。

もうね、その後は警察やら何やらで…ショックだった。

さっきまで話してただろ。

俺が見たのは人が死ぬ直前だったのか、
それとも既に死んでいたのか。

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized