うわさの【真相】時事ネタ速報

芸能2chまとめサイト -Current affairs of rumor-

Uncategorized

桑田佳祐も出演!異色の音楽映画『茅ヶ崎物語』公開へ


◆日本を代表するミュージシャン、桑田佳祐

桑田佳祐『悲しい気持ち』(1987)

ソロデビューシングル

日本を代表するロック・バンド、サザンオールスターズのフロントマン として知られる。

デビュー以来、各年代で売り上げ50万枚以上になるヒット作品を生み出している。

◆地元湘南(茅ヶ崎)のイメージも強い

『勝手にシンドバッド』(1978)

サザンのデビューシングル。曲の冒頭から「砂まじりの茅ヶ崎」と地名が登場。

『地元愛強すぎィ!好感が持てるミュージシャンランキング』
1位は「サザンオールスターズ」!「サザンといえば茅ヶ崎!」というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

桑田は神奈川県茅ヶ崎市の出身であり、湘南を題材にした作品も多い。地元の支持もあつく、茅ヶ崎市にはサザンオールスターズにちなんだ「サザン通り商店街」もある。

「やっぱり、サザンファンにとって茅ヶ崎は特別な場所ですからね」とMさん。桑田さんの故郷であり、歌詞にも登場するこの街を訪れることは、いわば「聖地巡礼」のようなものらしい。

◆映画監督として湘南(稲村ヶ崎)を舞台にした映画を撮ったことも

『稲村ジェーン』(1990)

監督:桑田佳祐
脚本:康珍化
主題歌:サザンオールスターズ「真夏の果実」
出演:加勢大周、金山一彦、的場浩司、清水美砂、尾美としのり

サザンオールスターズの桑田佳祐による初監督作品。

昭和40年の湘南稲村ヶ崎を舞台に、伝説の大波(ジェーン)を待つサーファーたちの人間模様を描く青春ドラマ。脚本は「19ナインティーン」の康珍化が執筆。

1990年度の日本映画配給収入年間ランキング4位、累計配収額は18億3000万円(社団法人日本映画製作者連盟の調べによる)、観客動員数350万人を記録。

◆そんな桑田が出演する映画『茅ヶ崎物語』

[映画ニュース] 桑田佳祐出演!熊坂出監督の長編最新作「茅ヶ崎物語」完成 eiga.com/l/VLCeA pic.twitter.com/CecEtiDytU

これは、「パーク アンド ラブホテル」で日本人初のベルリン国際映画祭フォーラム部門最優秀新人作品賞を受賞した熊坂出の長編最新作。

茅ヶ崎と芸能との関係性、そしてその謎を探っていくというこの作品は、音楽探訪記でありつつ、同時に音楽伝記であり、音楽文化史でもあるという、他に類を見ない異彩を放つ作品。

◆サザンの名付け親がつくった映像作品をもとに制作

【拡散希望】本日ラジオ『清水友美のLOVE湘南』サザンオールスターズ名付け親・宮治淳一氏≪湘南のレジェンド≫ amba.to/1Pi2PlZ 湘南の文化を担う伝説のあの人が登場!フォトグラファー鉄斉氏とのコラボ企画☆ pic.twitter.com/GzamggY65g

宮治淳一氏

サザンオールスターズの名付け親である洋楽ポップスプロモーターの宮治淳一が、かつての同級生・桑田佳祐の還暦祝いにプレゼントした映像作品をもとに制作された。

茅ヶ崎と芸能との関係性を探る映像作品を制作してプレゼントしようと思い立った彼は、映画監督の熊坂出と人類学者の中沢新一氏に協力を仰ぎ、数万年規模というマクロの視点から茅ヶ崎の秘密を探る映像を制作。

さらに茅ヶ崎と切り離すことができない桑田を掘り下げることで作品を発展させ、長編映画「茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~」として完成に至った。

◆加山雄三や神木隆之介らも登場

作品作りはさらに本格化していき、なんと、かの加山雄三へのインタビューも敢行。

出典https://www.barks.jp/news/?id=1000143139

さらには、高校生時代の宮治の記憶をもとに、ドラマチックな結末へとつなげるべく、桑田佳祐の出演による衝撃的な結末シーンも撮影されることとなった。

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized