うわさの【真相】時事ネタ速報

芸能2chまとめサイト -Current affairs of rumor-

Uncategorized

【閲覧注意】死ぬほど洒落にならない本当にあった怖い話『友人の引っ越し先』


友人の引っ越し先

友だちの鈴木(仮)の家に遊びに行ったときに、
酷い目にあった。

奴は大学受験に成功して、
その年から一人暮らしをしていた。

で、実家組の俺は
結構それが羨ましかったんだよね。

でもなんか、
新生活が始まってからしばらくたって久々に会ったときに、
奴にしきりに家に泊まりに来いと誘われた。

今までも奴が実家住まいのときなら何度かお邪魔したことがあるけど、
一人暮らしの部屋は初めてだったから、行きたいとは思ってたんだけど、
あまりにもしつこく誘うんでなんか不思議に思った。

それで

「なんかあるのかよ」

と俺が尋ねると、
鈴木はちょっと眉をしかめて

「来れば分かる。
ってかいいから来てくれ、頼む」

と言った。

俺の今までの経験的に、
こういうのに素直についていかないほうがいいっていうのは分かってる。

でもなんとなく、
久々に会ったっていうのもあったし、
何より俺は一人暮らしの部屋っていうのを見てみたかった。

で、後日泊まりに行くことにした。

その泊まった日のことなんだけど、
奴の部屋は案外普通だった。

汚かったけど、
まあ一人暮らしならこんなもんだろうし、
狭さも一人なら別に構わない感じ。

壁が薄いのか、
しきりに隣の人の水を流したりする生活音が聞こえてたけど、
そんなに気にならない程度。

で、行ったのも夕方だったし、
なんか馬鹿なことを話したりテレビ見たりしてたら
あっという間に夜中になった。

部屋でほぼ雑魚寝状態で寝てたんだけど、
そのとき鈴木がすごい不安そうな顔をしてドアのほうを見ていた。

時間は夜中の二時前で、
いわゆる何かが出る時間。

それであまりにそういう顔を崩さないもんだから、

「どうしたんだよ」

って言うと、

「そろそろだ」

と。

すごい嫌な予感がした。

泊まりに来いって言われた理由が分かった気がした。

で、時計の針が二時になった瞬間、
玄関のドアノブが回された。

もちろん鍵が閉まっているから開きはしない。

でもガチャガチャと
明らかになんか開けようとしてる感じ。

布団から身を起こして

「何あれ」

と聞くと、
鈴木は布団にもぐったまま

「俺が聞きたい。
でも引っ越してから毎日なんだ」

と言う。

「……もしかして、
あれのせいで俺を呼んだのかよ」

「う……ん、あれだけじゃないんだけどさ、
でもあれは実害はないから……」

「はあ?」

ガチャガチャは五分くらいで止んだ。

その後しばらく何も起きなかったし、
人間でも人外でも気味が悪かったけど、
俺はもう一度布団に潜り込んだ。

奴の言い方から、
絶対他にもなんか起きるんだろうなと思ったから
無理やり目をつぶって寝ようとした。

俺は怪談とかは好きだけど、
自分で体験するのは勘弁願いたいビビリだ。

でもそれでうとうとし始めたくらいのときに、
なんか左頬をくすぐられてる感じがした。

髪の毛だと思ったんだけど、
鈴木が寝ているのは俺の右隣。

で、じゃあ何が、
と思って薄目を開けると、
なんか、いた。

正直言うと、
それがどんなものだったかはよく覚えていない。

多分一瞬見てすぐ目を閉じたからだろうけど、
明らかに生きている女じゃなかったってことだけ。

あ、でも一応女でした、多分。

その後はどんなに頬をくすぐられようと
目をつぶって耐えた。

あと窓をバンバンたたくような音も聞こえてきたけど、
もう見るのも嫌だったから寝たふりを続けた。

だってこれ以上変なもん見たら本気でチビりそうだったし。

覆いかぶさるのは美人のお姉さんだけにしてくれ頼むから。

で、次の日の朝鈴木に怒ったら、

「あ、やっぱお前にも見えたんだ」

と言われた。

結局眠れないまま朝を迎えた俺は奴に切れながら

「どういうことだ」

みたいなことを喚いたんだけど、
奴がひたすら謝るもんだから、
だんだん怒りもさめてきた。

で、その後の会話。

「なんかさあ、引っ越したその日からずっとなんだよね。
でももし俺にだけ見えるものだったらどうしようとか考えちゃってさ。
誰かに相談しようにも、親はそういうの信じない派だし。
でもそっか、お前も体験したんだったら
俺限定じゃないってことだよな、よかった」

「お前それだけのために俺を呼んだわけ?」

「っつーか、これ以上一人であの部屋で寝るの、正直無理だった。
だからお前も同じ体験したら、
信じてもらえなくてもお前の名前出して
親説得して引越ししようと思ってた」

「だったら最初っから親呼べばいいじゃねーか!」

「いきなりそんなこと言っても
ストレスから来る精神病とか疑うぞあの親は!
その上親には見えないものとかだったらどうするよ!?
俺檻つきの病院には入りたくない、マジで!」

最初から怪奇が起きることを知ってて、
黙って泊めた鈴木には再び怒りがわいたものの、
そのあと朝昼兼用食をおごってもらったから許すことにした。

怖かったけど、
多分奴もかなり怖かったんだろうから。

俺に負けず劣らずのビビリだし。

その後すぐ、
鈴木は別のアパートに引っ越した。

「良かったな」

と言うと、
奴は大きく頷いた後にポツリと言った。

「あそこさ、壁薄かったじゃんか」

「うん」

「で、結構隣の人の生活音が聞こえてきただろ」

「そうだね」

「でさ、一応交流はなかったものの、
挨拶くらいはしてったほうがいいと思ったんだよ、
出るときに。
それで、安いお菓子持って挨拶しに行ったらさ……」

「行ったら?」

奴は気味が悪そうな顔で言った。

「俺の両隣、空き家だったんだよね……」

「……」

同じ階には他の人間が住んでる部屋もあったらしいけど、
でもそれであんなに生活音が聞こえるものなのか。

俺が聞いた生活音は、
足音だったり水音だったりで
確かに人間のものだったはずなんだけど。

とりあえず、
俺の一人暮らしへの憧れはなくなった。

実家サイコー。

母方の祖父母の金婚式の年、
親族揃って熱海のホテルでお祝いをやった。

宴会場での夕食の後、
俺は二人の従弟、智宏と郁と一緒に部屋に戻った。

智宏は酔っ払って寝ており、
下戸の俺とまだ中学生だった郁はTVを見ながら、
腹がこなれたらもう一度温泉に浸かっておこうなんて話してた。

そこへ、用事があって郁のオフクロさんがやって来た。

叔母さんはあれこれ郁に言い、
話が終わると、ふっと足元の俺達の鞄を見た。

「直ちゃん、これあんたの鞄?」

言われて俺が

「そうです」

と答えると、
叔母は開いていたスポーツバッグのファスナーを、
さっと閉めた。

叔母は長く勤めた看護師で、
きっちりした人だ。

俺のだらしなさが気になったのだろう。

寝ている智宏を残し
別棟にある大浴場に行くと、
郁はその道すがら、
以前にも自分の友人が母に鞄を閉められたと言った。

「几帳面だと思うでしょう?」

俺が頷くと、
郁はアメニティの入っていた
ホテルのビニール巾着をぶらぶらさせた。

「あれ、違うんです。母はね、怖いんですよ。」

郁の話はこうだった。

叔母が若い頃、
秋口に八人ばかりのグループで長野に行ったそうだ。

旅館では四人ずつ、
二つの部屋に分けて通された。

叔母が荷物を開けていると、
そこへ隣の部屋の四人がやって来た。

「あっちの部屋、何か暗い感じ。」

叔母らが見に行くと、
仲間の荷物が入口の側の壁際にちんまりとまとまっている。

確かにそこは妙な空気で、
部屋の奥まで入りたくない雰囲気だと全員が思った。

「…空気が淀んでるんじゃないの?」

叔母と同室で
グループのリーダー的な子がそう言って、
ずかずかと部屋に入る。

窓を開けると、
重たい気配が少しだけ和らいだ気がした。

「なんなら部屋逆にしようか。いいよね?」

リーダーに問われて皆同意したが、
叔母は嫌で厭で仕方なかった。

彼女も何故か部屋の壁際を歩いて、
窓との間を往復したのだ。

見えていないのに。

気が付いていないのに。

叔母には見えた。

部屋の中央に、
大きな異形の男が座っていた。

鬼、だと思った。

そうとしか表現のしようがない。

叔母達とその部屋の子達は部屋を交換して、
荷物をそれぞれの部屋に移した。

異常のなかった部屋の方で夜明かしして、
隣室で休んだ者はない。

何事もなく会はお開きになり、
叔母も家へ帰った。

住んでいたアパートに帰り付いたのは夜も更けた頃で、
叔母は寝室の入口の、
開いたままの襖の際に鞄を放ったらかしてベッドに入った。

一泊旅行で大した洗濯物もないし、
明日起きてから荷解きすればいい。

若い頃の叔母は、
俺と大差なかった様だ。

しかしいざ寝ようとしたら、
気になる事を思い出した。

ウォークマンどうしたっけ…?

当時はまだ結構いい値段だったらしいそれを、
旅行に持って行ったのだ。

MDやCDですらなく、
中身はカセットテープ。

集合場所までの電車では聴いた憶えがあったが、
帰路では鞄から出していない。

まさか忘れて来たのではないかと不安になって、
叔母は鞄の方へ向かった。

オレンジ色の豆球の明かりの中、
叔母は旅行鞄のファスナーを開ける。

大した荷物も入っていない、
クタクタのバッグ。

開いた鞄の口を覗いたら目が合った。

鞄の中の目と。

人とは思えない顔、
鬼としか思えない異形の男の首が。

首が鞄に入っている!!

叔母は咄嗟に鞄を払い除けた。

横倒しになった鞄から、
ごろりと首が転げ出る。

「××××××××!」

首は判別不能な叫び声を上げて、
襖の向こう、暗い台所へと転がって行った。

ごつんとどこかに当たる音。

叔母は恐る恐る暗がりを覗いた。

しかし、そこにもう鬼はいなかった。

家中の明かりを点けて確かめたが、
台所には勿論、鞄の中にも首はない。

電灯の光の下の鞄には、
衣類と洗面道具、ウォークマンが入っているだけだった。

脱衣所に着いてからも続いた話が終わって、
郁は巾着袋からタオルやら何やらを引っぱり出しながら笑っていた。

「…だから母は鞄をきちんと閉めないと怖いんです。
旅館のその部屋で、
母は鞄を開けっ放しで置いていたんですよねぇ。」

そう言いながら、
郁は袋に通された紐を左右にぎゅうと引いた。

俺はその話を聞いて以来、
鞄の口は必ず閉める事にしている。

鉢合わせ

子供の頃の体験。

自分の通う小学校の地域には児童館はあっても図書館がなくて、
児童館自体も小規模で遊具も
卓球台が1台あるだけでろくに揃っていなかった。

なのでちょっと離れた隣の学区の、
児童館もある大きな図書館に行くことが多かった。

そこの児童館は当然ながら違う小学校に通う子供ばかりで、
いじめっこ風の奴や上級生っぽい奴に気をつかわないで済むことと、
珍しい遊具があったので
多少遠くても苦にならずに頻繁に通っていた。

その児童館の遊具で一番人気で、
一番目立っていたものがある。

それは遊戯室のど真ん中に置かれた
直径3Mくらいの球体の遊具。

頑丈なダンボールで出来たそれの表面にはいくつかの丸い穴があり、
そこから入って迷路みたくなった内部を通って、
中央の大きな空洞にたどり着けるようになっていた。

球体内部の通路の幅は、
小学校低~中学年程度の子供が一人這ってギリギリ通れる程度で、
当然ながら内部で人とすれ違うことは出来ない。

なので、内部で誰かと鉢合わせたときは
気の弱いほうが後退して遊具から出なければならなかった。

それから低・中学年の子供でも太めの子は
内部で身動きが取れなくなる可能性もあり、
ちょっと太めだった自分は
内部で詰まった時の脱出&救出シミュレーションをよく脳内でしていた。

まず、大人が入れるサイズではないので、
穴から手だけ伸ばして足をひっぱってもらうか、
最悪はダンボールを切ってもらわないと出られないだろう、
という結論だった。

そんな太めの自分は、
内部でだれかと鉢合わせて後退するのも手間どるので、
なるべく人の少ないときを見計らって
その遊具で遊ぶことにしていた。

とはいえ、
人気の遊具なので空くときはなかなかない。

たいていの場合「仲良しグループ」と思われる数人が占拠していて、
3~4人がぎゅうぎゅうに入れる中央部分で
閉館ギリギリまで延々とおしゃべりを続けていることが多かった。

ただ、そんな人気遊具でも
独り占めできる瞬間があった。

それは閉館放送が流れ、
児童館の「先生」が子供たちを部屋から追い出しにあらわれた直後、
その球形の遊具にもぐりこんでしまえば、
少なくとも数分間は一人で遊ぶことができる。

「先生」も心得たもので、
目に付く子供たちを追い出した後にはちゃんと

「中にいるやつ~、帰りなさい~」

と声をかけにくるので、
声が掛かったら素直に出ることにしていた。

無視して遊ぼうとしても、
ほふく前進をしているのでズッズッという音でばれる。

「その日」は雨で、
児童館には外で遊べない子供がたくさん集まっていた。

もちろん球体の遊具も満員御礼。

しかたないので自分は図書館の方で本を読み、
5時近くになってから児童館に戻ってみた。

さっき来たときよりは人が減り、
球体の遊具も空いていそうな気配。

それでも中で人とはちあうのは面倒なので、
しばらく様子をみていた。

いつものように

「そろそろ時間だぞ~片付けろよ~」

と先生が来た。

球体の遊具から2人ぐらいが出て行ったと思う。

それを見てから自分は丸い穴から内部にもぐりこんだ。

この球体、とうぜん内部に電気なんてついていないので、
曇りや雨の日には穴から差し込む頼りない蛍光灯のあかりだけをたよりに、
薄暗い中を這って進んでいかなくちゃならない。

それでも中央の空洞に向かうだいたいのルートは覚えているから問題はない。

先生の声が掛かるまでに中央部に到達しておきたいなと思い、
俺は必死に前進を続けた。

違和感を感じながら。

なんとなくいつもと感じが違っていたからだ。

雨の日のせいなのか、
ダンボールが全体的にしっとりとしていて進みにくい。

内部の暗さもいつも以上。

ついでに自分のたてるズッズッという音の他に、
遅れて音が聞こえてくる。

なんだ、まだもう一人いたんだ・・・
とがっかりしながらも、
鉢合わせたらめんどくさいな~という気分になり、
前進をやめて入った穴から戻ることにした。

前に書いたように自分は少し太めで、
後退はちょっと楽じゃない。

しかもいつもはサラっとした床部分が
微妙に湿っていて動きにくくなっていた。

必死に後退を続けていたわけだけど、
頭の中は混乱し始めていた。

後退して球体から出るときは、
足の先で穴の位置を見つけて
そこから抜け出すようになるんだけど、
なかなか爪先が穴のふちに当たらないのだ。

そんなに奥まで入ってたっけ?

そう思いながらも後退を続ける。

もうひとつのズッズッという音は
順調に前進を続けている。

俺はますます焦ってきた。

なぜって、その音は確実に
正面から自分に近づいてきているからだ。

このままだと爪先が出口を見つける前に鉢合わせてしまう。

面倒だから早く脱出しないと、
と俺は後退を続けた。

もぞもぞともたつく俺に、
ズッズッ、ズッズッ、ズッズッ、
という音が確実に近づいてくる。

球体内通路のカーブのすぐそこまで来ている感じだった。

ようやく俺は何かがおかしいことに気付いた。

閉館案内の放送とともに流れるはずの音楽が
まったく聞こえない。

後退を止めた自分の鼻息と
ズッズッ、ズッズッという音だけが聞こえる。

音だけ、だ。

普通、ダンボール製のこの遊具の内部で人が動いているときは、
それなりの振動が遊具全体に伝わるはずなのに。

でも、音だけは確実に俺に迫ってきていた。

こういう話でありがちなんだけど、
「よせばいいのに」って行動、
本当にとっちゃうものなんだよね。

ほふく前進ならぬ、
ほふく後退をしていた俺は首が楽なように
床面を見ながら移動していたわけで
後退を始めてからは
首を上げて通路の前方を見ることはしていなかった。

なんで顔を上げちゃったんだろうと今でも後悔してる。

ズッズッ、ズッズッって音がやんだ一瞬、
無意識に顔を上げた俺が見たものは、
俺の顔から30センチほどの距離で
怒りの形相をしたオッサンの顔だった。

うわっ!と思った瞬間、
足を思いっきり引っ張られた。

もうチビリそうだった。

足を引っ張ったのは児童館の先生で、

「帰りなさい」

と俺に言ってきた。

俺はダッシュで児童館を飛び出した。

以来、その児童館にはいかなくなった。

順番

自称スピリチュアル・カウンセラーの友人から聞いた話です。

彼女は祖父母と両親
それに彼女と兄、隣には叔父、叔母夫婦が暮らしてるっていう
今では珍しい大家族です。

3年前に祖母を亡くし、
通夜は親戚一同で大きな部屋で寝たそうです。

深夜2時をまわった頃、
ぺたりぺたりと廊下を歩く音が聞こえたそうです。

全員床についているというのに
一体誰だろうかと思いましたが
彼女は何かを感じ、
起き上がるでもなく少し薄目を開けながら
その音のする方向を追っていました。

すると、すすすと襖が開き
細い手が戸にかかっているのを見ました。

ああ、お祖母ちゃんだと悟った彼女は
何も言わずただ薄目で見守る事にしました。

彼女の悟った通り、
死んだはずのお祖母ちゃんが
頭だけ出してゆっくり辺りを見回しながら
中に入ってきました。

ある程度、霊という世界に慣れていた彼女は
特に驚くでもなく寝たふりを続けていました。

お祖母ちゃんは
ゆっくりと自分の方に近づいてきました。

しかしお祖母ちゃんは彼女を通り過ぎ、
隣に寝ていた従妹に

「次はお前だ」

と言うと
またきた道をゆっくりと
ぺたりぺたり戻っていきました。

その4ヵ月後、
従妹は謎の病にかかり、
あっというまに亡骸となって
家に帰ってきました。

また同じ様に寝ていると
お祖母ちゃんが亡くなった時と
同じ事が起こりました。

同じ様に廊下をぺたりぺたりと歩いてきて
戸を開け、部屋に入り
今度は端に寝る叔母に

「次はお前だ」

と言い残し去っていったそうです。

未だ叔母は元気にしているそうですが、
彼女が言うには次は間違いなく叔母だそうです。

怖くないの?と尋ねましたが、
彼女は

「順番だからね」

と悟りきっていました。

大学でも浮いてる彼女が
いろんな意味で気になります。

関連リンク

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized