うわさの【真相】時事ネタ速報

芸能2chまとめサイト -Current affairs of rumor-

Uncategorized

【斉藤由貴】50代開業医と不倫交際疑惑 今夜会見を行うと発表


妻子のいる50代の主治医とのW不倫疑惑を週刊文春に報じられた女優、斉藤由貴が3日夜に東京都内で会見を行うことが同日、わかった。所属事務所を通じて発表された

斉藤は妻子のいる50代の主治医とのW不倫疑惑があると2日更新の「文春オンライン」が報じると同日夜に所属事務所を通じて書面でコメントを発表。「女優生命を支えてくれているコーチ的な存在。トレーナーと選手のような間柄」と不倫関係を完全否定。近く会見を行う意思も表明していた。

女優の斉藤由貴(50)に不倫疑惑があることが「週刊文春」の取材でわかった。

 敬虔なモルモン教徒としても知られる斉藤は1994年に2歳上の信者・B氏と結婚し一男二女をもうけている。
 相手は斉藤と同じ横浜市在住の50代開業医・A氏。A氏にも妻子がいる。
 斉藤とA氏は平日の日中、A氏のクリニックの昼休み時間に、それぞれの自宅とは別の賃貸マンションの一室で逢瀬を重ねていた。

斉藤の所属事務所は、このマンションについて「斉藤が借りている個人の事務所です」と回答し不倫疑惑を否定。
一方のA氏を直撃すると「往診です」と答えた。

斉藤由貴が2日、週刊誌で報じられた不倫疑惑を否定した

所属事務所を通じて報道各社に送ったFAXで「この度は、私事で大変お騒がせしており申し訳ございません。報道にあった先生は、随分前から家族ぐるみで主治医としてお世話になっている方で不倫関係ではございません」としている。

文書の内容は以下の通り。

報道関係者の皆さまへ

この度は、私事で大変お騒がせしており申し訳ございません。

報道にあった先生は、随分前から家族ぐるみで主治医としてお世話になっている方で不倫関係ではございません。

実は6年ほど前に大掛かりな減量をした際にも全ての指導と管理をしていただき、ここ最近たくさんお仕事をいただくようになってからは、肌ケアの美容注射や体力維持の点滴など、女優としてあまり他の患者さんには見られたくない治療やメンテナンスのために、個人事務所に往診をお願いしております。

現在の多忙な日々や女優生命を支えてくれているコーチ的な存在で、医師と患者であると同時に、トレーナーと選手のような間柄といえます。

現実として、家族みながかかりつけとしてお世話になっている先生なので、私が治療を受けている状況は理解してくれております。

それ以外の詳細につきましては、私から直接ご説明するタイミングを設けさせていただきたく思っておりますので、いま暫くお待ちいただき、家族や自宅周辺へのご取材などは何卒お控えくださいますよう、重ねてお願い申し上げます。

みなさんの反応は・・・

斎藤由貴、、、
50なのに可愛いのに不倫
ショック

残酷な現実のテーゼその2

斎藤由貴さんが不倫しようが知ったこっちゃないが、「あの斎藤由貴でも美容外科で若返り注射とかしてるのか、奇跡の五十歳なんてナチュラルもは存在しないのか」

#バイキング
もう斎藤由貴さんの清純派のイメージが音を立てて崩れて行く。宗教も退会するようになるのかな? pic.twitter.com/3564lVZKDC

斎藤由貴50かあ。最近綺麗になったと思ってた。

「斉藤由貴が妻子持ちの開業医と不倫」ですか。酷い話ですね(小並感) d.hatena.ne.jp/kagura-may/201…

元アイドルの女優の不倫報道が本当だとしたら凝りない人だと思うが(笑)、ま、家庭があるのに考えにくいような・・・。

斉藤由貴、不倫!過去には尾崎豊、川崎麻世、渡辺謙とも【週刊文春】 illustratorbest100.net/?p=37446 pic.twitter.com/N2BRC8AmB9

斎藤由貴+不倫といえば27年ほど前に大騒動になり連日ワイドショーを賑わせた【尾崎豊】との不倫

2人が知り合ったのは90年代に入って最初の年。1990年11月発売の雑誌『月刊カドカワ』上での対談がきっかけでした

この時、初めて接点をもったわけですが尾崎にとって斉藤は既に特別な存在だったといいます。何でも彼が覚せい剤不法所持で留置所生活をしていた際、彼女のグラビアに慰められたのだとか

その様子は尾崎の短編小説『フェアリー・ウィスパー』から読み取ることができます。「傷害で逮捕された青年が牢屋でナナ・グレイスというアイドルに思いを馳せる」というストーリーになっておりナナ・グレイス=斉藤という図式に当てはめると尾崎の強い想い入れが窺い知れるのです。

出会った2人はすぐに意気投合

雑誌が発売された僅か2ヶ月後には北海道で仲睦まじく肩と顔を寄せ合う姿を一般人に撮られており、その写真が雑誌『Friday』に掲載されます

尾崎は1988年に結婚している身だったので、いわばこれは不倫旅行。時代を代表するポップスター同士の不貞行為は、当然、大きな波紋を呼びました。

当時、斎藤由貴がカメラの前で連呼してた言葉が「彼と私は同志みたいな感じ」でした

どんなに言葉を尽くそうが、不倫関係であることは揺ぎない事実。で、あるならば、他のポジティブな言葉、それも嘘のない一言で表現しようという、彼女の意図が感じられます。

しかし多くの不倫が男が仕掛けて男が終わらす「マッチポンプ式」で展開される例に漏れず2人の恋も関係の長期化を恐れた尾崎の決別宣言によって終焉を迎えます。そしてその翌年、彼は帰らぬ人となったのです

一方、1994年に一般男性と結婚し今では3児の母となっている斉藤由貴。かつての“同志”尾崎の死は彼女にとって自身の楽曲『卒業』で歌われている卒業式など比ではない「哀しい瞬間」だったに違いないでしょう。それでもなお、かつての恋を“卒業”し力強く母として、女優として生きる姿に逞しさを感じずにはいられません。

その3年後、川崎麻世とも不倫が発覚

川崎は(当時、日本語がほとんど理解出来てなかった)妻・カイヤが記者の後ろで腕を組んで仁王立ちの中会見が行われた

1993年7月某日。東京・宝塚劇場の稽古場に大勢の報道陣を集めて行われた川崎の不倫釈明記者会見。現れたのは、おそろいのジーンズ・Tシャツ・ブーツというペアルックに身をつつんだ麻世とカイヤの二人だった。
ただ、ペアルック姿とはいえ会見の間中は仁王立ちで腕組みをし険しい顔つきで夫を睨みつけるカイヤ。その傍らで川崎は終始疲れ切った表情のまま涙声で語るのだった

その4日後には、斉藤がロケ先の海外から帰国し会見を実施。帰りの飛行機のなかで書いたという声明文を読み上げた。声明文には川崎を責める記載は一切なく自身への反省の言葉と川崎との縁を切る潔さが綴られた内容だった。
さらにその騒動から2カ月後、斉藤は友人の紹介で出会ったモルモン教徒の男性と意気投合。1年後には入籍した。

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized