うわさの【真相】時事ネタ速報

芸能2chまとめサイト -Current affairs of rumor-

Uncategorized

【閲覧注意】死ぬほど洒落にならない本当にあった怖い話『通り抜けるモノ』


通り抜けるモノ

これは秋くらいに実際体験した事

その日は友人とドライブをしていた.

県内をグルグル回っていて
急にトイレがしたくなってある公園に立ち寄ったんだ

車を降りる時、
時計をみたら夜中の3時くらいだったかな?

時間も時間だし友人が

「他の所行く?」

と言ってきたが
私は我慢できそうに無かったので
怖がる友人を引き摺りながらトイレに向かった

その公園は城跡にあって、
春になれば桜祭りという祭りで
結構な賑わいを見せるような公園

何度か来た事あるし、
街灯があるし満月に近かったので
月明りの助けもあり
園内は比較的に明るかった

トイレを終えた私は、
長時間座ってるのも疲れたので
久しぶりに来たことだし
散歩をしようと言い出した

心霊とかそういうのが苦手な友人は
少し怖がっていたようだけど、
明るかったのもあるし
私がそういう物を好きなのを知っており、

「仕方ないな」

と言い付き合ってくれた

公園には砂利道の桜の並木道があり、
春には桜が綺麗なのだが生憎季節は秋、
桜の木にはどれもみすぼらしく立っていた

その並木道を抜けると花畑がある

花畑は四つに分かれていて
真ん中には小屋(壁が無くて屋根の下にはベンチがある)みたいな物がある

花畑が見えてきたと思った矢先、
友人の足音が急に止まった

「靴紐でも解けた?」

と聞こうと振り返ると
友人は小屋の方を指差し

「あそこなんか居るよ!」

と体を震わせながら蹲っていた

距離でしたら約30mくらいだろうか

小屋は街灯と月明かりに照らされていた

小屋の中は屋根の影で
薄暗く中までははっきり見えない

目を凝らして見ると
ベンチに黒い影みたいなものが見えた

正直ビックリしたけど、
半分混乱状態の友人のおかげで冷静でいられた

時間にして1分くらいだろうか

小屋の中の暗闇にも大分目が慣れて
正体がわかった

小屋の中のソレは
幽霊とかそういう類のものではなかった

足元で私の服の袖を掴んだまま離さない友人に

「帰ろう」

と言って、
足音を立てないようにして
その場を立ち去ることにした

友人は半泣きで

「何が居たの?」

としつこく聞くので

「ホームレスだったよ」

と教えてあげた

実際にベンチの下には紙袋と靴が置いてあったので
間違いないだろう

何より夜遅くこんな場所で女二人という事を考えれば
居るかどうかわからない幽霊よりも、
現実にそこにいる人間の方が脅威になると私は判断したのだった

気持ちを落ち着けようと明るい話をして
並木道を引き返す私と友人

周囲は小さな私達の話し声と
二つの砂利道による足音のみ聞こえる

しばらく歩くと
私と友人は同時に後ろを振り向いた

後ろの方で足音が聞こえてきたのだ

歩く音ではない

駆け足のような音だった

あんまり変なことを言うと友人が怖がるだろうし、
たまたま二人一緒に振り返っただけだろうと
また前を向いて歩き出した

やっぱり聞こえてくる

友人も私の手を握ってきたので間違いないだろう。

友人も聞こえているはず

音はこちらに近づいてくる

足音であるであろうそれは
人間の足音とは少し違った

タカタッタ?みたいな感じで
どちらかというと四足歩行のような気がした

犬の散歩かもと思いつつ、
近づいてくる音が気になり後ろを振り返ると
音は止まるが肝心の音の正体はどこにも見当たらない

焦る気持ちを抑えつつ、
私達は歩き出した

友人と私は少し足早に車に向かった

追って来る足音は
その速度を緩める事無く近づいてくる

もうすぐ真後ろに来るというところで
私は友人を庇う様にして振り返った

が、そこには何も無かった

足音はまるで何も無かったかのように消えていた

足跡を確認する余裕が無かったのが悔やまれるが
大事には至らなかったのでよしとしよう

私達は歩き出した

友人は

「今何か通り抜けていったよ!
手握ってた右腕に鳥肌がたった!」

と騒いでいた

何かが通りすぎたのは知っていた

だって私は左半身に鳥肌がたったんだから

幸せオジサン

俺が小学校の頃だから、
30年ぐらい前

学校帰りに「誕生日」の話をしてはいけないと言われた。

例えば

「今日、俺の誕生日なんだ」

とかね。

何故いけないかは、下記の通り―

集団下校の帰りに、
ある兄弟が友達に誕生日なんだ、
と話していた。

道草をして家に帰ると、
台所からカレーの良い匂い。

「やった、今日はカレーなの?!」

と喜んで兄弟が台所へ行くと、

「あぁ、そうだよ、お前の誕生日だからね」

と聞いたことのない男の声。

足元には、刺された母親の死体。

あまりのことに兄弟が凍り付いていると、
エプロン姿の男は二人を椅子に座らせる。

カレーを完成させた男は、
向かい側の椅子に座ると
ハッピバースデイを歌い始める。

「幸せかい、幸せだろう」

と男はニタニタと笑いながら、
カレーを食わせる。

二人が震える手でカレーを食べ終わると、
男は立ち上がってエプロンを脱ぎ、
玄関から出て行ったそうだ。

父親が帰宅すると、
放心状態の息子達と妻の惨殺死体が……

と、いう「幸せオジサン」とか
「カレーおじさん」とか
「エプロンおじさん」いう名前で、
うちの田舎で語られていた話。

まったく不審者は怖いねw

明日は貴方の町で
ハッピバースデイーかもしれません♪

不思議な遊び

まだ自分が、
BLとか知らない純粋な中学生だった頃の話。

剣道部だった自分が
放課後いつも通り部の活動場所である武道場に行くと、
顧問の先生とか部長がまだ来てないのをいい事に、
部員達があちこちでじゃれあったり
おしゃべりしたりして遊んでいる。

それはいつもの事だから何もおかしくはないんだけど、
その中に何故か二人一組で向き合って、
何やらきゃーきゃー騒いでるのが数組いた。

よく見ると、
それに参加してない他の部員達も遠巻きに、
でも興味深げにその数組を眺めているらしかった。

確か稽古が始まるまで
道場の電気はつけないとか決まりがあったんだと思う。

普通教室よりもう少し広い道場は、
大きな窓があるとはいえ
自然光だけに頼った状態ではちょっと薄暗かった。

いつもはそんな事気にならないのに、
その日は何か嫌な感じがした…
って程でもなかったんだけど。
とにかくいつもと何かが違う気がした。

とっさに入り口で立ち止まり、
よく分からない違和感に戸惑っていると、
謎の二人組の一組の片割れがわりと仲の良かったYで、
Yは自分を見付けていつも通りの笑顔で寄ってきた。

「O(自分)もやってみる?超怖いよ!」

ちょっと興奮気味なY。

何をしているのか聞いてみると、
今していた遊びを楽しそうに説明してくれた。

『まず二人一組になって向き合う。
仮に二人をAとBとする。
AはBに向けて両手を差し出し、
Bは差し出されたAの左右の手首それぞれに、
糸だか紐だかを結ぶつもりでその動作をする。
結び終わったら、
Aは「きをつけ」の状態に手を戻して力を抜く。
それからBは、胸の前で自分の両手をグルグルする。
「♪いーとーまきまき」って歌いながらやるアレみたく。
そうすると、Aの手首に巻かれた見えない紐が巻き取られるように、
勝手にAの両手が前へ持ち上がっていく。』

「本当に上がるんだよ!」

一通り聞いた自分は勿論信じなかったが、
疑いの眼差しを向ける自分にムッとしたようにYは言うと、
そこで見てろと早速実演し始めた。

巻き取り役の部員が手をくるくるまわすと、
糸を結ばれた(ことになっている)Yの手がゆるゆると持ち上がる。

「ほらね!」

とYは騒ぐが、
どう考えてもYが自ら腕を動かしているようにしか見えない。

「自分で上げてるんじゃないの?」

と聞いても、

「違うよ、勝手に持ち上がるの、
これは霊が動かしてるんだよ」

と言い張るY。

ようはコックリさんみたいなものか。

怖がりの怖い物好きであった自分は、
何かで読んだコックリさんの正体を思い出し
目の前の遊びと照らし合わせて、密かに納得した。

霊が動かすと信じて、
無意識に自分で腕を動かしているのだ。

思い込みの激しい、
暗示にかかりやすいお年頃ならではの遊び。

そんなことを考えていると、
Yが持ち上がって腕をゆっくり降ろしながら

「Oもやろうよ」

と誘ってきた。

何故すぐに腕を降ろさないのかと思ったら、

『遊びを終えるには
Bが最初にしたのと反対方向に手を回して
巻き取った糸を緩め、
Aの手を元の位置まで降ろさなくてはならない。
いつまでも巻き取り続けると、
持ち上がっていく腕は最終的にA本人の首を絞めてしまう』

のだそうだ。

幼稚なようだが、
ちょっと気味の悪いルールである。

終了の儀式を終えたYが、
改めて自分にまとわりつく。

Oもやってみようよ、面白いよと。

今も昔も零感である自分は、
霊の存在に興味はあったが半信半疑で、
ありえないとは思いつつ、
本当に腕が動いたら怖いので遠慮した。

見渡すと、
この不思議な遊びはすっかり道場内に浸透したらしく、
向かいあって騒いでいる部員がさっきよりも増えている。

みんなして、単純にも程がある。

「ねぇ、Oもやろうってば!」

なおもYが誘う。

やめとくよと離れても、
腕に抱きついてついてくる。

あんまりしつこいのでイラっときた自分は、

「いいってば!」

と強くYの手を振り払った。

よろけてやっと離れたYをトドメに睨みつけたが、
びびったのは自分の方だった。

Yの目の下が紫になっている。

寝不足でできるクマみたいな、
黒っぽい紫色だ。

さっきまでそんなクマはなかった。

驚いて固まっている自分にYがさらに迫る。

「一回だけだから!」

とか言いながら。

Yは、こんなにしつこいヤツだっただろうか。

華奢で可愛らしく、
どちらかと言えば気が弱くて優しいタイプなのに。
普段なら自分がここまで嫌がる前に、
とっくに引き下がっている筈だ。

普段通りの可愛らしい笑顔だが、
明らかにいつもと何かが違う事をそのクマが示している。

誰かに助けを求めようにも、
みんなこの妙な遊びで盛り上がっていて、
誰一人自分達のやり取り等気にしていない。

何かおかしい。

いよいよ怖くなって、
自分は武道場を飛び出した。

Yは追ってこなかった。

ほっとしたのも束の間、
それで結局今のはなんなんだと考えると
怖くて道場にも戻れない。

中庭の端に建つ武道館の脇で、
中に戻ろうかどうしようか右往左往していると、
声をかけられた。

同じ剣道部員のTだった。

「何やってんの、中入ろうよ」

不思議そうにこちらを見るTに私は泣きついた。

Tは自分の友人の中で
ただ一人の霊感少女だった。

美人だわ
顔小さいわ
細いわ
ちょい悪だわ
霊感あるわで、
私はTを崇拝していた。

今思えばそれこそお子様な自分が、
なりきり霊感少女Tに騙されていたのかもしれないが、
当時の自分はTを見てもうこれでなんとかなると思った。

早口で事情を説明すると、Tは

「ふーん」

と気のない返事をして、
ずかずかと武道館に入っていった。

慌てて自分も後を追う。

二階建ての武道館は
入って靴を脱ぐとすぐに剣道部の使っている武道場だ。

入るなり、Yがまたあの遊びをしているのが見える。

武道場の入り口で
Tは部員達の遊ぶ様子を眺めている。

早くなんとかして欲しくて、
自分はTに詰め寄った。

「どうなのあれ、
ほんとに霊が動かしてるの?」

「ん~・・・ほとんどは勘違いだけど。
ちょっと呼んじゃってるね」

呼んじゃってるってなんだ。

「私もやってみる」

Tの衝撃発言にびっくりして止めるより早く、
Yがこちらに気がついて駆け寄って来た。

その目の下は相変わらず暗い紫色だ。

「Tもやる?」

「うん」

誘われるがままに件の遊びを始めるT。

Yが手をぐるぐるすると、
Tの両腕がゆっくりと持ち上がる。

一通りの作業を終えたTと武道場を出た。

恐る恐る聞いてみる。

「どうだった?」

「うーん、白い手が
後ろから私の手を掴んで押し上げてきた」

Tはけろりと応えたが、
もうこっちは大パニックである。

それが本当なら、
けっこう大変なことじゃないのか。

「何それどうしよう!」

「あんまりいい遊びじゃないみたいだけど、
やめれば平気だと思うよ?」

そう言うとTは
武道場の入り口に立って勢い良く手を叩いた。

「もう先生来るよ!着替えて稽古始めよう!」

Tの言葉に、
つまらなそうにしぶしぶと部員達が更衣室に入っていく。

これで、もう大丈夫らしい。

本当だろうか。

更衣室に向かう部員達の中に、
Yを見つけた。

「Yのクマは、その霊とかとは関係ないの?」

心配になって聞くと、
ああそうだったと呟いて、
TはYを呼んだ。

「なぁに?やっぱりOもやるの?」

しつこいY。

その笑顔が妙に虚ろに見えて怖い。

そんなことは少しも気にしていない様子で、
TはYに後ろを向くように言った。

何か新しい遊びを始めるとでも思ったのか、
素直にYは自分達に背中を見せた。

するとTは、Y首の付け根あたりを、
ぽんぽんと二回程、軽く叩いた。

はたいたと言う方が近いかもしれない。

「はいこっち向いて」

Tにこちらを向かされたYの顔は、
すっかりキレイになっていた。

あんなに濃かったクマが、
さっぱり消えている。

呆気にとられている自分をほっといて、
Yを更衣室に押し込み戻ってきたTは、

「今のは誰にでもできる簡単なお祓いだから覚えとけ」

みたいなことを言った。

覚えるも何も
もうそんなお祓いが必要になるような体験をしたくない。

でも、不思議な出来事はこれだけでは終わらなかった。

すごい。

これって、ほんとに心霊現象じゃないのか。

初めて見た。どうしよう。

自分がぐるぐると無駄に考えを巡らせている横で、
Tは別段いつもと変わらない調子で

「着替える前にトイレに行ってくる」

と言う。

興奮状態だった自分だが、
今Tから離れるのは心細いのでついていった。

武道場のトイレに入る。

Tは個室に。

自分は特に用はなかったので、
手を洗って、鏡に向かって髪型を直したりしていた。

するといきなりTが個室で

「うわ!!」

と大声を上げた。

さっきの今なので
正直飛び上がる程びびった。

すぐによろよろとTが個室から出てくる。

何だどうしたと歩み寄ると、

「今背中、押されたってゆーか、
叩かれたってゆーか・・・すごい痛かった」

と言う。

いやいやいや。

そんなに人を怖がらせて面白いかとビビリながらも笑い飛ばすと、

「じゃあ見てみろ」

とTが体操着の背中をめくりあげて見せた。

確かにその背中には、
今ついたばかりにしか見えない
真っ赤な両手のあとがついていた。

誰かが後ろから思い切り両手を叩き付けなければできない手の向き。

Tの手よりもずっと大きい大人の手のあと。

自分は絶句した。

なんだこれ。

「私が遊びを中断させたから、
”邪魔するな”って言われたのかも」

Tは溜め息一つで事を片付けた。

自分は幽霊の存在を信じるようになった。

体育座りの人

5年程前の夏…

その頃ほぼ毎日のように
Sさんの家に遊びに行くのが日課になっていた私は、
その日も仕事が終わってから自転車で、
Sさん宅へ向かってました。

私の自宅の近所には運河に通じる大きな川があり
川沿いは土手になっていて、
土手からSさん宅に向かうと一番近道なので、
その日も土手沿いからSさん宅へ自転車を走らせていました。

夜の9時に仕事が終わり、
Sさん宅へ向かい始めたのは
10時近かったと思います。

Sさん宅に行くには、土手沿いを通り、
途中大きな橋を渡らないといけません。

いつもは青っぽい街灯がついていて
普段は整備もされていて奇麗なのに、
あの日は違いました。

夜なのに街灯は消されていて、
橋の袂にある公園からは木が風のせいで騒いでいるのか

『ザワザワザワザワ…』

少々耳障りに感じる程に聞こえ、
橋の入り口?には人が一人ポールのようなものの上に
体育座りをしているのがわかりました。

『ん?』

不振に思った私は自転車のスピードを緩めて、
前の人を確認しながら自転車を漕ぎ…

橋の入り口に差し掛かったところで、

『あれ?誰もいない??』

私の気のせいだったのか、
体育座りしていたはずの人影は
私の目の前で消えていました。

『あれ???気のせいか???』

と思った次の瞬間!

凄まじい耳鳴りと頭痛が
私の右側だけに激しく襲ってきて
思わず右側に体を向けたとき、
おそらく50人いたでしょうか…

小学生くらいの子供たちが体育座りをして、
私を直視していたのです。

明らかに生きた人間の目をしてない子供たちは、
私の目を見ながら一人…
また一人とこちらに向かって歩いてきて…

『うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!』

自分の体を奮い立たせるように
力いっぱい叫び必死になって自転車を走らせました。

目の前の橋の中央部分に差し掛かかり、
私の目に入ってきたのは…

さっき橋の入り口にいた、
体育座りの人…

パニック状態に陥っている私は
まっすぐ橋を降りはじめました。

『体育座りの人……。まさか!』

橋で体育座りしていたひとは、
小さく

『あぁぁぁぁぁぁぁぁ』

と声を出し、
自分の髪の毛をむしる動作をし、
見間違えでなければ眼球はありませんでした。

私が覚えているのはここまでです。

そのまま気を失ってしまったらしく、
気がついたら私の友達Sさんがそばにいました。

なぜSさんがいたのか…

Sさんから聞いた話ですが、
私の携帯から着信があったそうで
不信に思って探しにきてくれたそうです。

私はまったく覚えていませんが、
確かに私の声で…

『つかまった』

とだけ言っていたとか……

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized