うわさの【真相】時事ネタ速報

芸能2chまとめサイト -Current affairs of rumor-

Uncategorized

【閲覧注意】死ぬほど洒落にならない本当にあった怖い話『おかえりください』


おかえりください

小学生高学年の頃
女子の間でこっくりさんが流行っていた。

私も流行りに漏れず
休み時間や放課後などにキャーキャー騒ぎながら
こっくりさんで遊んでて、
その日も放課後教室に残って数人の友達とこっくりさんをした。

色々質問してそろそろ帰ってもらおうかって話になり、

「こっくりさんお帰り下さい」

っていつものように終わらせようとしたんだけど、
10円玉は『いいえ』の方へ

この時はこういうのは結構あることだし、
やっぱり内心は誰かが動かしてるだけって思ってたから
皆そんな怖がってなかった。

またいくつか適当に質問をし、
帰ってもらおうとしたんだけど帰ってくれない。

何回もやってるうちに皆イライラしてきて
友達の一人が

「動かしてるのだれ?!」

ってキレたんだけど、
皆自分はやってないって答えた。

これでは埒があかないので、
10円玉が動いてる間に一人ずつ順番に手を離す事にした。

その時こっくりさんをやっていたのは4人

1人…2人…3人…と指を離す。

この最後1人の子が犯人か…と思いきや、
その子の様子がおかしい。

その子怯えた表情で

「わたし…やってない…」

と呟き、半泣きで指を離した。

すると、信じられないことに
10円玉がスーッと勝手に動き
鳥居のマークで止まるではないか!

私達はパニックに陥った

とにかくこっくりさんを終わらせようと
皆再び10円玉に指をのせ、
ひたすら帰って下さいを言い続けた。

しかし返ってくる返答は全て『いいえ』…

どうしたらいいのかわからなくて

「どうしたら帰ってくれますか?!」

とこっくりさんに聞いてみた。

返事は…

『ひとりおいてかえれ』

この返答に私達はどうすることも出来なかった。

友達を残して帰るのは無理だし、
自分が残るのも嫌。

皆10円玉に指を置いたまま沈黙…

嫌な空気が立ち込めていた。

その時…

ガラガラガラッ!

「アンタ達いつまで学校残ってんの!早く帰りなさい!」

入って来たのは先生だった。

当然事の経緯を説明しても信じてもらえず、
私達は先生にこっくりさんの紙を取り上げられ、
たたき出されるように学校から帰らされた。

帰り道が一緒のAちゃんと帰ってたけど
一言も喋らず歩いていた。

「あやみ」

Aちゃんが唐突に呟いた。

「え?」

私は意味がわからず聞き返すと、
Aちゃんは私にこう言った。

こっくりさんの正体は女の子で
名前は『あやみ』、
ずっと一人ぼっちで淋しくて私達の所に来た。

楽しそうな私達を見て
友達が欲しくなってあんなことを言ったらしい。

なんでそんなことがわかるのか聞いたら、

「皆が沈黙してた時に聞こえたよ…
皆も聞こえてるから沈黙してるんだと思ってたー」

とのこと。

怖くて泣きそうになっている私に
Aちゃんは笑顔でこう言った。

「あの紙と一緒に先生が連れてったから大丈夫☆」

あと後から10円玉はどうなったか聞いたら、
自販機の釣銭出てくるとこに置いて来たと
笑顔でAちゃんは言ってました。

最後の言葉

俺さ、ガキの頃
パノラマエクスプレスに乗ったんだ。

電車が二階建てで、
一階部分は客席で前面ガラス張りなので、
運転手気分が味わえる電車。

もうさー、小学校に入ったばかりの歳だから、
嬉しくって、嬉しくって、
かじりつきで景色見てたんだよ。

そしたら、
踏切で横から女の人が電車に飛び込んできた。

俺の目の前で飛び込んできたんだよ。

一瞬だったけど、目と目があった。

電車は急停止したけど、
間に合わなかった。

その時、女の人は俺を見て
「あんたも」と言った瞬間
肉塊に変わった。

首がもげた。腕も飛んだ。

電車の前面の硝子は、
血飛沫で赤黒く変わった。

電車はしばらく止まって、
次の駅まで血飛沫で赤黒く染まったまま走った。

俺は怖くなって、後ろの車両に移動した。

次の駅で別の車両に乗り換えさせられた。

今でも思い出すんだけど、
「あんたも」と言う声は、聞こえないハズなんだよな。

でも、今でもその時の声が鮮明に思い出す。

あの声は本当に聞こえたんだろうか?

私の赤ちゃん

私が小学生だった頃の話。

林間学校で肝試しをやった時の事だ。

男女一人ずつのペアで決められたコースを進んで行くのだが、
必ず手を繋いで進まなければならないというルールだった。

それを守らない場合は見つけ次第
最初からやり直し。

しかも罰として
一人でコースを行かなければならなかった。

私は運の悪い事に
当時嫌いだった男子とペアになってしまい、
そいつと肝試しに出た。

暫く行ったところでその男子が、

「手繋ぐのとかかったるくねぇ?」

と聞いてきた。

最初から手なんか繋ぎたくなかった私は彼の意見に同意し、
手を繋がずに行くことにした。

私はまさか本当にやり直しさせられないだろうと
軽く考えていたのだ。

しかしその考えは甘かった。

先生に手を繋いでないことがバレ、
最初からやり直しになってしまった。

渋々スタート地点に戻ると、
他にも二組ぐらいが戻されており
一人の女子は怖さで泣いていた。

私はあんまり怖いとは思っておらず、
寧ろ堂々と手を繋がずに肝試し出来るしいいや…
ぐらいに考えていた。

泣いている女の子に、

「どーせ先生が脅かしてくるだけだから大丈夫だよ!」

と励ましの言葉をかけて
私はその子より先に出発した。

予想通り先生が脅かして来るのを笑いながら、
順調に私は進んで行った。

暫く脅かす先生がいない道に差し掛かり、
一瞬道を間違えたかと違う意味でびびった。

シンとした山道を一人で歩いていると
やっと人影が見えた。

よかった、間違えてなかったと安堵しつつ
その人影に向かって歩いて行った。

しかし、横を通っても
その人影は私になんの反応もしなかった。

変に思った私は
人影をじっと見てみると
女性だということはわかった。

どの先生かは暗くてよくわからなかったが
その女性はぼーっと暗闇の中に何かを抱えるようにして座っていた。

なかなか凝った演出するじゃん!
って感じで大して深く考えず
ゴール目指したんだけど、
ゴール近くで巫女の格好をした女の先生に鈴鳴らされながら
ハッとしたんだよね。

脅かしてる女の先生の数が一人多いんだよ。

でも男の先生を見間違えたかなんがだろって、思って
普通にゴールしたら何やら先にゴールした生徒達がざわついてる。

話を聞くと肝試しをした何十ペアのうち、
数組だけが赤ん坊を抱いた女性に声をかけられたと言う。

その女性は先生じゃなく見たこともない人で、

「私の赤ちゃん…」

と呟いていたらしい。

先生に聞いたら
そんなことは打ち合わせに入ってなかったと首を傾げており、
その女性を見た生徒の中には泣き出す子も出てきた。

私はあの暗闇で
ぼーっと何かを抱いて座っていた女性を思い出していた。

あの女性の抱いていた何かは赤ん坊だったのだろうか?

でも私は先生の演出だという疑いを捨てておらず、
きっと宿の人とかに協力してもらったんだろう…
と勝手に納得して騒いでいる生徒の話を面白おかしく聞いていた。

しかし次の日の昼間に、
昨晩肝試しをした道を通ってゾッとした。

私が女性を見た辺りは崖みたいになっていて
人が座れるような場所ではなかった。

音の正体

学生だった私はあるボロアパートに住んでました。

広い間取りの割りに家賃が安く、
いい部屋なんだけど
一つ気に入らない事があった。

それは決まって
夜の11時ぐらいになると上の階から

「ドンッドンッドンッドンッ」

と、ノックの様な音がすることだった。

始めは猫かなんかだと思ってたが、
何時も決まった時間に音がするので
上の階の住人の仕業だと思い、
借り始めから3ヶ月経ったある日
上の住人に文句を言いに行った。

しかし上の階の住人は

「家じゃありませんよ、
前にあなたの部屋に住んでた人も
同じような事言ってきましたけど、
猫や鼠じゃないんですか?」

更に

「こちらには音なんて聞こえませんし…
家には関係ないと思いますよ」

と少しうんざりした様子で付け加える。

私は腑に落ちなかった。

しかし上の住人は本当に何も関係無いと言う

その態度は

「また下の階からイチャモン付けてきたよ、
勘弁してくれ」

と言った感じだった。

その日の夜も

「ドンッドンッ」

と音が鳴った。

私は少しイライラしてたので
箒を持ち出し天井に向かって

「ドンッ!ドンッ!」

と突いた、すると…

「…ドン…ドンドン!
ドンドンドン(カタカタ)
ドンドンドン(カタカタ)
ドンドンドン!!!」

狂ったように天井を叩く音が鳴り響く。

しかもその音源は
天井内をカタカタ這いずり回るように移動している、
怖い…!!

私は服の中で虫が蠢いている様な悪寒を感じた。

「カタカタ…カタ………」

その音源が部屋のある所で止まった。

押入れの上の辺りだ…

押入れの中に天井裏に通じてる事は知っていた。

私は

「危ない…来る…来る!!…逃げろ!!」

と言う脳の警告に従い部屋を飛び出し、
その日は友人の家に泊まった。

翌日、大家さんに事情を話し
部屋を出ると告げる、大家さんは

「えっ本当に?うーん…」

と唸った後に

「ちょっと待ってね、調べるから」

と言って私の部屋に行く事に。

部屋に入り
押入れの中から天井に入ろうとする大家さん

しかし、天井裏に上半身まで入った所で
大屋さんは引き返した、

大家さんの顔は真っ青だ。

「ごめんなさい、ちょっと待ってて」

「あ、あなたも外に出て」

大家さんはそう言って自宅へ一旦戻った。

その後警察が来て天井内を捜索、
私は軽い事情聴取を受けただけで解散となった。

警察と大家さんは、
私に天井裏にあったモノを伏せていたが、
私は大家さんが電話してる隙に天井裏を覗いていた。

そこにあったのは

白骨化した人間の手

だった。

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized