うわさの【真相】時事ネタ速報

芸能2chまとめサイト -Current affairs of rumor-

Uncategorized

あのタカラトミーがやってくれた「究極のTKG」がガチすぎる


あの玩具メーカーのタカラトミーが話題になっています。

日本の玩具業界最大手のバンダイと双璧をなす玩具会社『トランスフォーマー』のタカラと『ゾイド』のトミーが2006年3月1日に合併した事で生まれた会社。

合併から現在に至るまで、英字商号に前身の一社である「タカラ」の社名が入っておらず、存続社の商号である

現在、日本の玩具メーカーではバンダイに次いで業界2位の規模を誇る。

最近では、あずきバー削りやスマホ用簡易プリンターが話題

ダイヤモンドの次に硬いと言われるアイス・あずきバー。タカラトミーアーツがそんなあずきバーを削るために半年以上をかけて開発した

めちゃくちゃ硬い。「バー」を抜くだけでも、付属の専用工具「ぬけるんバー」が必要になるというのが恐ろしいですね。そんなあずきバーを粉砕して…ふわっとした食感が楽しめる!

本体下部のハンドルを回す。すると、ステンレス製の刃があずきバーを細かく削り、「ふわふわ」とした食感のかき氷が本体の下部から出てくるという。

ハンドルが「ガッ!」と抵抗を示していたのはさすがだが、実機が壊れることなく削ることができた。そして、実機の下に積みあがっていくかつてあずきバーだったもの。

・さらに、スマートフォンで撮影した写真を印刷できる簡易プリンタを発売

発売は10月21日で、希望小売価格は3,700円(税別)。

同製品は、電池不要で、市販のインスタントフィルムを使ってスマートフォンで撮影した写真を印刷できる簡易プリンター。

本体横のシャッターボタンを押した後、つまみを回すとインスタントフィルムを排出し、約90秒でプリントが出来上がる。

おかげさまで予約好調なプリントスですが、SAKURAが特に人気のようなので、この色ご希望の方はお早めのご予約をおすすめします( ・ω・)⊃

10月21日発売です↓ pic.twitter.com/BydoKLxxcG

そんなタカラトミーアーツから「究極のTKG」が登場する

タカラトミーアーツは9月5日、卵の白身を泡立てて、ふわふわ新食感の卵かけごはんを作れるマシン「究極のTKG」を発表

本製品は、ふわとろTKGのタマゴをワンタッチで作れるクッキングトイです。

シンプルながらも“ふわる”というひと工夫でいつもの“たまごかけごはん”をさらなる極上食感で楽しむことができる本商品、それが『究極のTKG』です。

「究極のTKG」を使えば、白身部分がメレンゲ状になったふわふわの状態をつくることができる。

白身のかくはん時間によって、ふわ密度も変化。軽めの食感が好みなら約1分で五分立てのサラサラ泡が、ボリューム感のあるしっかりとした泡が好みの方は約3分で十分立ての泡を作ることができます。

・タカラトミーアーツから動画の説明がYouTubeに公開されています。

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized