うわさの【真相】時事ネタ速報

芸能2chまとめサイト -Current affairs of rumor-

Uncategorized

【今秋注目】映画『火花』を公開前にチェックしておこう!


火花

お笑い芸人・又吉直樹 原作、この秋注目の映画『火花』。ジワジワと期待の声が上がり始めています。

映画「火花」の予告見たんですけど、まず桐谷健太と菅田将暉がめちゃくちゃ好きだからやばい。これはやばい…。

youtu.be/BTThgh1PbqE

監督/板尾創路
脚本/板尾創路、豊田利晃

【出演】
菅田将暉
桐谷健太
木村文乃 ほか

【あらすじ】
売れない若手お笑い芸人の徳永は、営業先の熱海の花火大会で先輩芸人の神谷と出会う。神谷の常識はずれの強烈な漫才に魅了された徳永は、その日のうちに「弟子にしてください」と申し出て、神谷の弟子となった。毎日のように呑みに出かけ、芸の議論を交わしながらも、仕事のない日々を過ごしていた徳永と神谷。しかし、互いの環境の変化に伴って、二人は次第にすれ違っていく。笑いに魅せられ、現実に阻まれ、才能に葛藤しながら、夢に向かって全力で生きる二人の青春物語。

笑いながら、もがき倒した10年間。

8月15日に公開された予告ムービー。

注目ポイント①原作とドラマ版

第153回芥川賞受賞。
累計発行部数は253万部(単行本。文庫本は30万部)を突破し、(2017年2月時点)村上龍の『限りなく透明に近いブルー』を抜いて芥川賞受賞作品として歴代第1位となった。また、電子書籍版は10万ダウンロードを突破し、文藝春秋刊行物として歴代第1位となる。

原作小説には賛否両論が・・・。

終始文学の構成を崩さないかたわら、お笑い芸人にしか出せないとぼけたユーモアさがあり、W主人公の徳永と神谷との悲哀あるストーリーをうまく絡めて、良い作品だと感じました。

Amazonの書籍レビュー。こちらはプラスの評価です。

所々、純文学らしい文章を書こう書こうとし過ぎていて上滑りになっている気がします。そして長い。途中何シーンかは丸々カットしても支障ないのでは?と感じました。

Amazonの書籍レビュー。マイナスの評価。

火花ね、めちゃくちゃに読みづらいんだけどわたしだけ?

堅めの文体や関西弁が苦手という方もおられます。

ところが、ドラマ版では高評価の声が続出!

監督/廣木隆一 ほか
脚本/加藤正人 ほか
脚本協力/板尾創路
製作/Netflix、吉本興業

【出演】
林遣都
波岡一喜
門脇麦 ほか

2015年8月に製作が発表され、翌年2016年春より動画配信サービスNetflixで配信が開始された。全10話構成のドラマ形式。吉本興業が製作しているため、主人公の相方を筆頭に吉本所属タレントが起用されており、今田耕司やレイザーラモンが本人役で、その他若手芸人も多数出演している。
また、2017年二月より、NHK総合にて再編集版が放送され、話題を呼んだ。

こんなに胸に響いたドラマはここ数年ちょっと他にはないです。
「北の国から」以来かも…。めちゃ古いですが。
それぐらい、他に比べるものがないくらい、良かった。

ドラマ版のレビュー。

NETFLIX「火花」 東京で芸人として大成することを目指す、二人の男のドラマだけに、豊富なロケが生きている。よくもこんなに手間をかけたなと、惚れ惚れする。ひとネタ全長版の漫才シーンもすごかったな。

何より、神谷と徳永の関係性の変化と異常なまでの依存関係が見てて辛くなった。ぶっちゃけ徳永と山下の関係は美しいコンビ愛。神谷と徳永はなかなか愛という言葉では言い表せないほど強いつながりなきがする。普通じゃない。それが、やばい。

「火花」全話鑑賞。小説の世界感がより濃密に、劇場の非常階段に吹き抜ける風まで感じられるよう。神谷さんも徳永も、心の力が凄い。神谷さんの魂は肉体が重たいだろう位に暴れてて、揺さぶられた。こんな凄い作品が観れる日がくるなんて。物語がしっかりと完結され、ようやく現実に戻って来た所。凄い

ドラマ版で映像とのマッチングで魅せた「火花」。
映画ではどうだどろう??

スタッフやキャストが気になります!

注目ポイント②制作陣とキャスト

お笑いタレント、俳優・映画監督であり、お笑いコンビ・130Rのボケ担当。相方はほんこん。大阪府富田林市出身。父は川柳家の板尾岳人。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)所属。吉本総合芸能学院(NSC)4期生。

この小説を映像脚本にするのは大変苦労しました。語りを画にして登場人物の思いを観客に届けるのが私の今回の一番の仕事だと思い半年かけて脚本を作りました。

公式HPより。ドラマ版「火花」に脚本協力として参加していた板尾監督。尺の短い映画版ではどのような物語を描くのでしょうか。

2008年、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの最終選考に残ったのをきっかけに芸能界入り。09年、「仮面ライダーW」の主演にシリーズ最年少の16歳で抜てきされた。主演映画「共喰い」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、「海月姫」「そこのみにて光輝く」で日本映画批評家大賞助演男優賞に輝く。15年にはTVドラマ「民王」や、auのCM「三太郎」シリーズの鬼役でより人気が高まり、翌16年には主演作「溺れるナイフ」など9本の映画が公開。第26回日本映画プロフェッショナル大賞で主演男優賞を受賞。(出展:映画.com)
http://eiga.com/person/85275/

お笑いがなかったら、今の僕は存在していないと思います。常に芸人さんの繰り出すパンチが好きで好きで好きで好きで仕方なかった。人を笑わす、この痛みが無いと生きていけないとすら思っています。

そんな自分にとって神様であり日常である芸人さんを演じるという事に物凄く怖さがあります。でも板尾さんと出会ってなんかもうどうでも良くなりました。だってこんなにおもろそうな座組。原作。言うじゃないですか。

知りたい。そんな欲求がある事をお赦し下さい。ただ好きなものに邁進して良いと言う許可が下りたので、この度マイクスタンド一本のステージに立たせて頂きます。

公式HPでの熱いメッセージ!!
菅田将暉さんの映画にかける想いがひしと伝わってきます。

02年、TVドラマ「九龍で会いましょう」で俳優デビューし、井筒幸和監督作「ゲロッパ!」で映画に初出演。同監督の「パッチギ!」、「パッチギ! LOVE&PEACE」にも参加し、「GROW 愚郎」で初主演を務めた。野球に打ち込む不良高校生を描いたTVドラマ「ROOKIES」で佐藤健らとともにブレイクし、大ヒットした映画版「ROOKIES 卒業」にも出演する。以降、「流星の絆」、「JIN 仁」シリーズ、NHK大河ドラマ「龍馬伝」、「絶対零度 特殊犯罪潜入捜査」といった話題のドラマで活躍する。(出展:映画.com)
http://eiga.com/person/27043/

幼い頃から、人を笑かして笑顔と笑い声が生まれた時のエネルギーが大好きでした。同時にウケへんかったら…とゆう、底知れぬ恐怖を感じ、眠れない夜も何度もありました。人に笑ってもらえる最上の喜びと、この上ない困難さ。それを生業とする芸人さんは狂気の沙汰。怪物です。そんな世界に生きようとする、愛おしい男たちの物語。役者が芸人を演じるのではなく、芸人を生きます。あーコワ。

芸人を演じるに当たって、「芸人を生きる」と・・・。カッコいい!

05年、映画「アダン」のヒロインオーディションで約3000人の中から選ばれてデビュー。翌年は「風のダドゥ」で主演を務める。その後、NHK大河ドラマ「功名が辻」や連続テレビ小説「だんだん」、連続ドラマ「夏の恋は虹色に輝く」「パーフェクト・リポート」(ともに10)などに出演。11年にちふれ化粧品や、歌手・桑田佳祐と共演したNTT docomo「スマートフォン」を含め4本のCMに起用されて注目度が上昇。映画「極道めし」でヒロイン役を演じ、人気漫画を映画化した「パラダイス・キス」にも出演する。(出展:映画.com)
http://eiga.com/person/87853/

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized