うわさの【真相】時事ネタ速報

芸能2chまとめサイト -Current affairs of rumor-

Uncategorized

【閲覧注意】死ぬほど洒落にならない本当にあった怖い話『要因』


要因

高校の時、通ってた学校で人死にが出た。

生徒が1人、校舎の上のほうの階から落ちたらしく、
校舎脇に倒れているのを朝出勤してきた先生が見つけた。

亡くなったのは前の日の夕方だったらしい。

その日は1限目が緊急の全校集会となり、
その後HR→強制下校となった。

面識のない上級生だったので
最初はいまいち実感が湧かなかったが、
その人のクラスはパニック状態だった。

亡くなったのは
当時3年生の伊藤さんという人だった。

聞いた話だと、けっこう面倒見がよく、
気さくないい人だったらしい。

うちのクラスにも何人か知り合いがいて、
みんな泣いていた。

翌日から3日間の臨時休校。

理由は、まだみんなが落ちつけないだろうから、
というのもあっただろうが、
なによりことの真相がはっきりとしなかったからだ。

なにせ事故なのか事件なのか自殺なのか、
当初はそれすら結論が出なかった。

現場保存もかねて、
警察が休校を要請したと言われている。

まずどこから落ちたのかがわからない。

自分の教室(5階)の窓の下に倒れていたらしいが、
倒れていたところから上の階の窓は、
その教室の窓も含めてすべて閉まっていたという。

屋上の鍵も閉まっていたらしい。

誰かが、人が落ちたことを知らずに窓を閉めてしまったのだろうが、
とにかく屋上のフェンスや教室の窓枠などに、
またいだり乗り越えたりした跡が見つからなかった。

もちろん靴も揃えて置かれてはおらず、
本人が履いていた。

休校が明けると、
他にもいくつかの情報が流れてきた。

自殺の要因は見あたらないらしい。

野球部の主将で、
大柄で力も強い人だったので、
突き落とすのは難しそう。

死因は全身打撲だが、
それとは別に、後頭部に大きな傷があったらしい。

本人の自転車がなくなっており、
いまだ行方不明、などなど。

1週間ほどたつと警察が自殺との結論を出した。

しかし伊藤さんの家族もクラスメイトも納得はしなかった。

当時の俺の彼女で、クラスメイトで、
野球部のマネージャーだった田中もその1人だった。

田中は伊藤さんが亡くなった日も伊藤さんと話をしており、
自殺するような様子は一切なかったと断言していた。

田中は伊藤さんによく世話になっていたらしく、
事件後も折に触れては泣いていた。

ひと月ほどたったある日、
今度はその田中が死んだ。

死因は伊藤さんとまったく同じだった。

うちのクラス(4階)の窓の下に倒れていた。

やはり自殺の要因が見つからず、
後頭部に傷があり、
自転車がなくなっていた。

今度はうちのクラスの窓が開いていたので
そこから落ちたらしいことが推測されたが、
窓枠に、乗り越えるときにできる靴跡などはついていなかった。

通夜で俺は、
一生分と言ってもいいぐらいの涙を流した。

俺は半狂乱になった。

警察より先に犯人を見つけ出して殺すという気持ちが、
誰の目にも明らかなほどみなぎった。

警察は伊藤さんの、自殺という結論を撤回した。

学校は、無期限の休校となった。

休校中はたびたび担任の先生が家庭訪問に来た。

そのつど警察の捜査の状況を訊ねたが、
どうもはかばかしくないらしい旨の返答しか聞けなかった。

いらだった俺はある日、
現場をもう1回よく調べようと学校へ行った。

そんなことをしても無駄なのは解っていたが、
何もせずにはいられなかった。

田中の遺体発見現場にある献花台に花束をたむけ、
職員室へ向かった。

担任を始め、
先生たちは毎日出勤しているようだった。

もう1回現場を見たいという俺の無意味な要求を
担任の先生は黙って受け入れてくれ、
HR教室の鍵を手渡してくれた。

俺は久しぶりに自分の教室へ向かった。

教室に着くと俺は鍵を開け、扉を開けた。

すると、中から風が吹き抜けてきた。

教室の窓が開いている。

前から2つめの、
田中が死んだときに開いていた窓が、全開に。

真正面に見える夕日に照らされた教室内に……田中がいた。

以前とまったく変わらない風貌で、
こっちに向かって立っている。

そして、

「藤村君」

俺の名前を呼んだ。

田中だ。

逆光で表情が見づらいが、
やっぱり田中だ。

涙が出そうになった。

今日学校に来てよかった。

嬉しくてたまらない。

……でも、涙が出ない。

この間、あれほど流した涙が出ない。

足も前に出ない。

気持ちは猛烈に喜んでいるのに、
その奥にある感覚が俺の気持ちを行動につなげない。

なにかが変だ。

なにかが。

……なにが?

なんで、なんで田中は、
俺の名前を呼ぶばかりで、
こっちに来ないんだ?

なんで田中は、
鍵のかかった教室内にいたんだ?

なんで田中は、裸足なんだ?

なんで、なんで……。

「田中っ」

と、叫びたい気持ちとは裏腹に、
我知らず、俺は言った。

「お前、誰だ?」

表情は、依然逆光で見づらい。

が、口元だけはかすかにうかがい知ることができた。

薄く笑っていた。

俺は固まった。

そんな俺を尻目に、田中はきびすを返すと、
軽やかに窓枠を飛び越え、全開の窓から下へ、
一瞬で俺の視界から消えた。

落ちた。

我に返った俺は、
あわてて窓へ駆け寄った。

そうして下を覗きこもうとした。

田中は2回死ぬことになるのか、と思いながら。
しかし、はたと足を止めた。

なにか、「あの」田中が飛び越えた窓には近づきたくなかった。

そこで俺は、右隣の、教室の1番前の窓を開け、
そこから身を乗り出し、下を覗きこんだ。

瞬間、顔のすぐ左横を、
なにかが下へ通り過ぎていった。

それがなにかは、
すぐにはわからなかった。

直後、真下の献花台に叩きつけられた自転車が、
凄まじい音とともにバラバラに砕け散った。

薄暮の中、遠目にではあるが、
それが俺の自転車であることがはっきりとわかった。

「ちっ」

と、舌打ちする音。

音のしたほう、左斜め上を見上げてみると、
校舎の壁面にヤモリのように逆さまに四つ足でへばりついている田中がそこにいた。

今度は夕日に照らされてよく見えたその顔は、
やはり薄く笑っていた。

その後体勢を変え、
ささっと屋上へ消えていった。

けけけっと笑う声が聞こえた気がした。

一応事情はすべて先生や警察に説明したが、
誰も信じてくれなかった。

しまいには俺が犯人では、
などと言い出す奴も出始めたので、
それ以降は口にするのをやめた。

結局あれがなんだったのか、
いまだにわからないでいる。

妹の話

うちの妹は小さい頃大人しいというか
1人で遊ぶのが好きな子だった

よく母親の鏡台を前にしてボソボソ独り言を言ったり
誰もいない部屋でユマちゃんの絵を描いたりしてた

ユマちゃんというのは
妹の想像上の友達らしくいつも傍にいるらしかった

そんな妹をちょっと気味が悪いと思ってた

ユマちゃんの絵は描かなくなったが
独り言は高校生になっても続いてた

妹は大学進学で一人暮らしすることになり家を出た

いろいろ心配だったが遠方の大学だった為
妹とはお正月まで会うことはなかった

お正月に帰省した妹にびっくりした

服装が派手になり
性格も明るくなっていた

親は都会生活の影響で変わったのだろうくらいにしか思ってないのか
まるで何も変わってないかのごとく妹に接していた

これではまるで異質なのは私の方ではないか

そして夕食時に気づいた

妹が右手で箸を持っていることに

ただそれだけのことにゾッとした

妹は左利きだったのだ

そのことを指摘すると努力して矯正したのだと言う

何度か矯正しようとして18年間無理だったものが
たかだか数ヶ月の一人暮らしで変わるものなのか

私にはもう全くの別人にしか思えない

我慢出来ず

「あなた誰なの?」

と口にしてしまった

妹は私のおかしな質問に驚いた様子もなく

「やだな。何言ってるの。繭だよ」

と淀みなく答えた

古本の書き込み

古本屋での話

本を売りたいという友人に付き合って
大きな古本屋に行った。

神保町とかにある古書店ではなく、
漫画から写真集からとにかく沢山置いているチェーン店。

友人は山盛りの漫画本を持ち込んでいて、
会計までしばらくかかるとのことだった。

古本屋は利用したことがなかったから
物珍しくて広い店内を一人であちこち見て回っていた。

オカルトの面白い本がないかなと思って
超常現象と分類されている棚を眺めていたとき、
背表紙が棚の奥向きになっていて
題名のわからない本を見つけ手に取ってみた。

落語を楽しもう、
というようなタイトルだったと思う。

文字が大きくてイラストが多かったから
小学生向けだったんだろうと思う。

載っているのは【じゅげむ】や
【饅頭こわい】などの有名どころばかりだったが、
添えられている挿絵が面白かったのでペラペラめくっていた。

【地獄のそうべえ】のところで、
余白に「こわい」と走り書きがあった。

地獄のそうべえというのは
主人公そうべえが同じく
地獄行きになった歯医者・医者・山伏とで、
鬼に食べられそうになったら歯をひっこぬいたりと
生前の職を活かして切り抜ける話だ。

コメディだが、
子供心に地獄の業火や鬼達のイラストが
とても怖かったのを覚えている。

走り書きを見たときも、
前の持ち主だった子供が
そういう思いをしたんだろうと思って微笑ましくなった。

次のページの余白にまた文字が書いてあった。

「困っています。よろしくお願いします」

赤いペンで書かれていて
文中の「じごく」に丸がしてあった。

その下に掠れた黒い文字で「リョウカイ」

すぐ下に「オワリ」

その下に赤ペンで「有難うございます」。

なんだこれ?と思いながらページをめくる。

するとまた「お願いします」。

文中に丸。

そしてその下には「リョウカイ」「オワリ」、
赤文字で「感謝致しますお世話になりました」。

やりとりはいくつもあった。

赤い文字は薄かったり蛍光だったり達筆だったりミミズだったり様々だったが、
リョウカイ・オワリの文字だけはいつも黒文字で掠れていて、カクカクしていた。

「頼みます」
「リョウカイ」
「オワリ」
「有難うございます」
「どうか宜しくお願いします」

「リョウカイ」
「オワリ」
「どうも有難うございました」

いくつかそんな書き込みを見た後、
物語が終わる辺りに紙が一枚挟まっているのを見つけた。

拡大したのか、黄みが強い荒い画質で、
学ランを着てぎこちなさそうな表情をした少年が写っていた。

その下に少年の名前だろうと思われる写植。

本の余白には走り書き。

「お願いします」。

文中の「じごく」に丸。

その下には何も書かれていなかった。

友人から会計が終わったとケータイへ電話が入った。

本は元のところへ戻しておいた。

標的

2月下旬、
出張で都内のビジネスホテルに泊まった。

翌朝、同僚と一緒に
ホテル一階のレストランでモーニングを食べていると、
ホテルの前にパトカーが止まり、
警察官が駆け込んでくるのが見えた。

何だろ?と思っている間にパトカーがどんどん増え、
レスキューまで来たので、

「ちょっと見てくる」

といって、
同僚を残してホテルの前の道路に出た。

外ではレストランの窓からは見えなかったが、
救急車や覆面パトカーなどが列を作っていて、
多くの通行人が立ち止まってホテルを見上げていた。

俺もつられて見てみると、
ホテルの屋上に手をかけて、
人間がぶらさがっているのが見えた。

外壁を足で蹴り、
這上がろうとしているのかバタバタと動いている。

ちなみにホテルは十数階建てだった。

びっくりしてしばらく見ていたが、
このままだと嫌なものを見るハメになると気付き、
レストランに戻ることにした。

席に着いた俺に同僚が

「何だった?」

と聞いてきたので、

「屋上から人がぶらさがってる」

とだけ答えた。

同僚は驚いた様子だったが、
外に見に行こうとはせず、
なんとなく会話もなくなって二人で飯を食べてた。

そのまま五分くらい経って、
何の動きも無かったので助かったのかな、
と思った瞬間、

「バーン!」

という大きな音が聞こえた。

思わず同僚と顔を見合わせる。

「落ちたね……」

同僚が呟くように言い、
俺も頷きながらそのまま無言で食事を続けた。

しばらくして、
警察官がレストランの窓の外に
青いビニルシートを貼り付けだした。

しかし窓がでかかっため、
シートでは全て隠すことはできず、
隙間から外を見ることができた。

俺は窓の横の席だったが、
なるべく気にしないようにしてコーヒーを飲んでいたが、
間もなく消防隊員がタンカを持って窓の横を通るのが見えた。

見たくなかった筈なのに、
自然と目が吸い付けられる。

タンカに乗せられ、
白いシーツを被せられた人型の盛り上がりが目に入った。

顔まで被せられてるのは死んでいるからだろうか?

時間にすれば一瞬だったが、
シーツの白さがやけに瞼に残って気持ち悪かった。

二日後、出張を終えて会社に戻り、
週末と重なったので月曜日に久しぶりに出社したところ、
同僚が休んでいた。

体調が悪いとのことで、
同期の女の子に

「東京で悪い病気貰ってきたんじゃない?
君は大丈夫?」

とからかわれたが、
出張中は特に調子の悪そうな様子は無かったので、
不思議に思った。

仕事が終わり、
見舞いがてら様子を見に行こうと、
同僚が住むマンションに立ち寄った。

エレベーターで七階に上がり、
同僚の部屋を訪ねると、
目の下にクマをつくった、
異様に疲れた表情の同僚が迎えてくれた。

「大丈夫か?飯は食べてるか」

俺が聞くと、同僚は軽く笑った。

「ああ。外に出れないから、
買い置きのインスタントばっか食べてる。」

「そんな悪いのか?
じゃあ何か買ってくるよ。何がいい?」

尋ねる俺に、
同僚は泣き笑いみたいな表情を見せた。

明らかに精神的にやばくなってるようだった。

「でれないんだよ。エレベーターでも、階段でも、アイツがいるんだ」

「何?アイツって誰だよ?借金取りか何かか?」

「そんなんじゃないよ!!何で俺なんだよ、何で……」

同僚はそのまま泣き出してしまった。

ラチがあかないと思った俺は、
取りあえず飯でも食おうと外に誘ったが、
同僚は外に出ることを激しく嫌がった。

冷蔵庫の中身はほとんど空で、
買い置きも無い様子だったので、
仕方なく俺は買い出しにいってくると告げて、
玄関の外に出た。

同僚の様子を会社に連絡するか、
それとも両親に知らせるか、
などと考えながらエレベーターを待っていると、
下から上がってきたエレベーターが
目の前を通り過ぎていった。

エレベーターは扉がガラスになっていて、
外からでも中を見ることが出来た。

通り過ぎていくエレベーターの中に、
子供のような低い姿が一瞬見えた。

エレベーターは最上階に止まったまま、
なかなか降りてこなかった。

5分くらいしても降りてくる気配のないエレベーターに嫌気がさして、
階段で降りることにした。

七階だが、下りならそれほど苦でもない。

階段のドアを開けると、
普段あまり使う人がいないためか、
空気が淀み、埃がたまっていた。

しばらく降りていくと、
下から誰かが上がってくる音が聞こえた。

階段使う人もいるんだな、
と少し驚きながら降りていくと、
下から上がってきたモノとすれ違った。

それは、子供ほどの身長だった。

顔は中年の女。

どこにでもいそうな顔だが、位置が違う。

顔は本来あるべき場所より遥か下の、
ミゾオチのあたりにあった。

強い力で頭を押し込んだような感じといえばいいのか?

腕はやや上向きに開いており、
歩くたびにユラユラ揺れていた。

俺はあまりのことに息を呑んだ。

叫ぶこともできなかった。

足が固まり、
悪夢でも見ているかのような思いだった。

女は硬直した俺の横を、
ヒョコヒョコと階段を登っていき、
やがて音も聞こえなくなった。

俺は金縛りが解けたように大声で叫ぶと、
無我夢中で階段を降り、
マンションから逃げ出した。

コンビニまで走り、
明るい場所で同僚に電話した。

俺は慌てまくっていたが、
同僚は意外に冷静だった。

「あれ、飛び降りた女だよ。
あの時タンカなんか見るんじゃなかった。
運ばれていくアイツと目が合ったんだ。
潰れて、めり込んだ顔で目だけがやたら大きく見えて…
あんなに警察や消防がいたのに、何で俺なんだよ」

そう言って同僚は大きくため息をついた。

しばらくして同僚は会社を辞め、田舎に帰った。

実家は平屋なので安心すると言っていた。

不思議なのは、
同僚はタンカに乗せられた女を見たと言っていたが、
タンカには確かにシーツが被せられ、
人は見えなかった筈なのだが。

俺はあの日以来、
なるべく階段は使わないようにしている。

またアイツとすれ違ったらと思うと、
怖くて使えないからだ。

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized