うわさの【真相】時事ネタ速報

芸能2chまとめサイト -Current affairs of rumor-

Uncategorized

ASUKA容疑者…「盗聴されている」は麻薬中毒者特有の妄想だった


■元「チャゲ&飛鳥」のASUKAが覚醒剤使用の疑いでふたたび逮捕された

歌手のASKA、本名・宮崎重明元被告(58)について、警視庁は覚醒剤を使用したとして、覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕する方針を固めた

尿検査で陽性反応が出たという。ASKA容疑者は2014年5月にも同法違反容疑で逮捕され、その後有罪判決を受けており、執行猶予期間中。同庁は、再び、覚醒剤に手を染めた

チャゲ&飛鳥の飛鳥逮捕!前々から覚醒剤疑惑はあったけど、ついに!にしても驚きです。

まったり温泉旅中だけど今朝ニュースで飛鳥新曲発表って見た気がするのに逮捕されてて驚き(´・ω・`)

遅れながら、飛鳥氏の逮捕。私はあの話題は最初週刊誌のでっちあげかと思って完璧シカトしてたけど、まさか本当だったとは…と正直驚き。

■逮捕された原因は「言動がおかしい」こと

ASKA容疑者は25日午後7時ごろ、「盗撮されているから確認してほしい」などと自ら110番

警察が駆けつけると「盗撮されている」「人を信じられない」などろれつが回らない状態で意味不明な発言をしていたことから任意で尿検査を実施

結果、陽性。これにより逮捕される見込みだと報道されました。

「盗聴盗撮」への恐怖は、覚醒剤患者によくある妄想であると精神科医の日向野春総氏は語る。

人気デュオA氏の異様なブログが週刊誌などで取り上げられていました。興味深いと言えば失礼ですが、その文章は「覚醒剤中毒者の妄想」そのもの

統合失調症の方が口にする妄想とちょっと異なります。

話がかみ合わないという特徴もあります。

覚醒剤中毒者の「妄想」は、もう少し「整合性がある」というか、一見本当のことを言っているように思えます。多くの場合、家族や身近な者は、最初はこの「妄想」を妄想でなく事実と捉えます

話をしてもどこか上の空で、返事をしてくれない。 返事をしてくれても会話がかみ合わない。話すのが好きだった人は、くどくどと話してなかなか話が終わらない。

このような特徴があります。

ろれつが回らなくなり、後遺症のある脳梗塞患者のようなたどたどしいしゃべり方をする人もいます

覚醒剤を常用していくと、少しの量でも効きすぎてしまう「逆耐性化」が引き起こされます。当然、効きすぎてしまうと脳が過興奮を起こすので幻覚や幻聴、被害妄想などが引き起こされます。

覚せい剤には後遺症があります。興奮系の薬剤の場合、薬の利きが悪くなっていくもの(耐性化)と、逆に少量で効果が出るようになるもの(逆耐性化)があります。

特に後遺症と関係するのは、「フラッシュバック」とも関係する「逆耐性化」の方です。覚せい剤を使用することで、幻聴、幻覚や妄想(被害妄想)が起きてしまいます

逆耐性現象の場合、薬物の使用量を少なくしたり、使用を中止しても本来大量に摂取した際に見られる幻覚などの症状が現れる。

逆耐性ができると、少量から幻覚妄想など危険な状態となるわけです。プロになるとこのあたりがわかっていて、徐々に量をおとして上手にコントロールするらしい

繰り返し使う度に、幻覚妄想や問題行動をおこす確率が高くなっていく、これが覚せい剤や脱法ハーブのこわいところ

時に犯罪に発展したりするのも、この時期です。これは、覚せい剤精神病あるいはアンフェタミン精神病と呼ばれます。

Acquisition source

A feed could not be found at http://antenna99.xyz/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

-Uncategorized